【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

「ミュゼは予約が取れないの?」がイメージ出来る画像01
「ミュゼプラチナムの口コミ体験談」がイメージ出来る画像01

「全身脱毛が安い医療脱毛特集」がイメージ出来る画像01
「全身脱毛が安い脱毛サロン特集」がイメージ出来る画像01

女性用抑毛剤のオススメ商品や効果がすぐわかる!

女性用抑毛剤がイメージできる画像02

 

毛が濃くて悩む女性にとって、毎日のムダ毛処理はかかせないもの・・・。でも、処理をしすぎて肌が汚くなったり、色素沈着したり、自己処理に限界を感じている人も少なくありません。

 

あなたももしかすると、「剃っても剃っても生えてくる事にウンザリし、毛の成長を遅らせる抑毛剤ってないの!?」と考えて、効果のある女性用抑毛剤や抑毛ローションを探しているのではないでしょうか?

 

脱毛剤や脱色剤、除毛剤や脱毛テープは聞いた事があっても、≪抑毛剤・抑毛ローション≫となると聞いた事がない人も多いようです。そこでこちらでは、

抑毛剤と除毛剤と脱毛剤の違い
肌が弱くても抑毛剤は使えるか?デメリットは?
薬局などで使える市販の抑毛剤はあるか?
女性用抑毛剤でオススメの商品4選
毛が濃い女性にオススメの脱毛法は?

などについて、詳しく説明していきます。

 

今まで抑毛剤についてあまり知らなかったあなたも、この記事を読み終える頃には、きっと正しい知識を身に付けて、自身にあった脱毛法を見つけて頂けるのではないかと思います。


ぶっちゃけ抑毛剤と除毛剤と脱毛剤の違いって何なの?

抑毛剤一つをとっても、呼び方としては、「抑毛剤」と呼ばれる場合もあれば、「抑毛ローション」と呼ばれる場合もあります。ただ、違いと言えば呼び方や薬剤の質感であったりで呼称が変わっているだけで効能は同じ事がほとんどです。

 

そこで、あなたにあった抑毛剤を探す前に、しっかりと正しい知識を得て、使う前に把握しておくことが、後に正しい脱毛法にめぐり合う為には重要となりますので、ここではまず、これらの呼び方や効能の違いについて説明させて頂きます。

抑毛剤と除毛剤と脱毛剤の違い

下記の表をご覧頂くと分かりますが、抑毛剤と除毛剤と脱毛剤の違いの他に、よく混同される、脱毛テープや、脱毛ワックスについても一覧で並べてみましたので、「抑毛剤、抑毛ローションと何が違うのか?」について、理解を深めてもらえればと思います。

ムダ毛処理の方法 毛の処理の仕方 各ムダ毛処理方法の説明
除毛剤 溶かす 薬品で表面に出ている毛を溶かして処理する
除毛クリーム 溶かす 薬品で表面に出ている毛を溶かして処理する
抑毛剤 再生を抑える、または遅らせる 毛の成長を遅らせたり、抑えたりする
抑毛ローション 再生を抑える、または遅らせる 毛の成長を遅らせたり、抑えたりする
脱毛剤 溶かす 薬品で表面に出ている毛を溶かして処理する
脱毛クリーム 溶かす 薬品で表面に出ている毛を溶かして処理する
脱毛ワックス 抜く ワックスを肌に塗布し、剥がす事で毛を抜く
脱毛テープ 抜く テープを肌に貼付け、剥がす事で毛を抜く
脱色剤 毛の色を変える 毛の色を薄くし、目立たなくする

 

こうしてみると、抑毛剤が、他のムダ毛処理方法と明らかに違う事がお分り頂けるのではないかと思います。特に、抑毛剤以外のムダ毛処理方法である、除毛クリームや脱毛ワックス等に関して言うと、肌に少なからず負担をかけている事になります。

 

そういった点を考えると、抑毛剤や抑毛ローションは、

毛の成長を根本的に抑える為、基本的に肌への負担が少ない

と言う所が、他のムダ毛処理方法よりも優れているポイントとなるかと思います。

 

ただ、例外として、安い抑毛剤や抑毛ローションでもそうですし、評判の良いものでももちろん個人差があり、中には肌が荒れてしまう場合もあるかもしれません。この辺は試用する前にしっかりとパッチテストなどを行った方がリスクは限りなく低く抑える事が出来ます。

※パッチテストとは?
通常の化粧品などは、二の腕や、太ももの内側などに薬品を塗って24時間程放置します。その後痒みがでるか?なにか反応が出るか?をチェックする事をパッチテストと言います。ただ、抑毛剤や抑毛ローションでテストする場合は、直接、抑毛したい箇所の一部分に塗ってみて、確認してみるのが一番早くて確実な方法となります。なるべく目立たない箇所でテストするのがオススメです。

肌が弱くても抑毛剤や抑毛ローションは使えるか?デメリットは?

さて、前述の通り、抑毛剤や抑毛ローションは、肌への負担が少ないので、一見他のムダ毛処理方法よりも優れていると感じてしまいます。

 

しかし、その分デメリットもあるので、しっかりと把握しておく必要があります。

肌が弱くても抑毛剤は使用出来るの?

基本的に「抑毛剤や抑毛ローションで肌が荒れた」と言うトラブル事例はほとんどありません。なぜなら、抑毛剤は肌に浸透するものなので、それほど肌を傷つける成分は元より入っていないからです。

 

また、女性用の抑毛剤や抑毛ローションには美肌成分が配合されているものも多く、使い続ける事で、ツルツルスベスベの綺麗な肌になって行くと言った相乗効果も見込めるものも多数あります。そう言った点では、肌が弱くても気兼ねなく使えるので、一度は試してみても良いかもしれません。

抑毛剤のリスクやデメリットは?

さて、ここまでの説明だと、抑毛剤や抑毛ローションはメリットばかりだと感じる人も多いのではないでしょうか?そこで、抑毛剤、抑毛ローションでよく言われているデメリットやリスクなどを少しご紹介しておきます。

抑毛剤のデメリット

ムダ毛を処理する即効性がない
使い続けても効果を実感出来ない場合もある
結果が出るまでに時間がかかる
1本では効果が分からず、何本か買い続ける必要がある

やはり一番デメリットとして多いのは「使い続けても全く効果がなかった」と言う所だと思います。”時間がかかる上にお金が無駄になる”と言うデメリットとリスクはありますので、基本的にムダ毛処理をしながら、保湿の意味を込めて、処理後に抑毛剤や抑毛ローションを使うのが良いのかもしれません。

薬局などで使える市販の抑毛剤はあるか?また効果は?

街のドラッグストアや、薬局などで市販の抑毛剤や抑毛ローションを探した事はあるでしょうか?少し大手の薬局などで置いている事もありますが、商業施設に入っている薬局などには置いていないか、または置いてても1種類ぐらいの事がほとんどです。

 

先日女性用美容商品のフロアがある東急ハンズの方にも行って調査をしましたが、残念ながら専門のフロアがあるにも関わらず「抑毛剤」や「抑毛ローション」と言った類の商品は置いていませんでした。

 

また、ネット上を調査すると、「市販の抑毛剤を購入して試した」と言う人も少数いましたが、その効果はほとんど感じられなかったという事なので、正直、薬局などで市販で探すのは難しいかもしれませんね。

女性用抑毛剤でオススメの商品は?

市販の抑毛剤や抑毛ローションには期待できないので、ネット上で人気のある商品を調べてみました。さまざまな口コミサイトや、掲示板などを調査した結果、数種類の抑毛剤、抑毛ローションに人気が集中していたので、こちらをまとめておきます。

ネットでオススメされている女性用抑毛剤・抑毛ローション

全ての商品において、あくまで”よく紹介されている””効果があったと言う口コミが多い”と言う2点を満たしているものとなります。効果に関しては、もちろん個人差がありますので、もし購入を検討されるなら、こちらは理解したうえで購入する方が良いかと思います。

 

1.コントロールジェルME

 

女性用抑毛剤で人気の「コントロールジェルME」の画像01

販売実績19年以上、シリーズ累計58万本売れているロングセラーの抑毛ローション。60日間の全額返金保証も有り。

 

成分などもどんどん進化をつづけ、既に8回目のバージョンアップが完了し、現在も尚売れ続けている事から、その効果は市販のものに比べるとはるかに高い事が伺えます。

 

 

 

2.パイナップル豆乳ローション

 

女性用抑毛剤で人気の「パイナップル豆乳ローション」の画像01

2014年6月集計のヤフーショッピングボディーローション部門で堂々1位を獲得した人気の商品。

 

「コントロールジェルME」よりも安価な事もあり、既に268万本も販売実績があります。雑誌などにも多数紹介されている商品でこちらも全額返金保証があるのが魅力的。

 

 

 

3.ネオ豆乳ローション

 

女性用抑毛剤で人気の「ネオ豆乳ローション」の画像01

2003年にテレビで豆乳ローションと、パイナップル豆乳ローションを発信して、ブームの火付け役となったDr.Takahama氏が自ら商品化した抑毛剤。

 

しっかりとホームページにも「抑毛効果がスゴイ!」と謳われていて、その他にも美肌効果や保湿効果も期待できると言う事です。実際に口コミサイトなどの評価も良く、こちらも長く売れ続けている抑毛剤の一つです。

 

4.プレミアムビューティースキン

 

女性用抑毛剤で人気の「プレミアムビューティースキン」の画像01

ムダ毛処理の後に塗ると、毛穴のボツボツが改善したり、美肌作りに効果があると人気の商品。

 

他の抑毛剤と比べて、抑毛効果より美肌効果の方が大きく謳われているのが特徴的。特に黒ずみ、乾燥、毛穴についての口コミなども多く書かれている為、ムダ毛以外にもコンプレックスを抱えている人にはオススメ。

 

 

それぞれに特徴はあれど、長い期間売れ続けているものだけを厳選しました。もちろん全ての商品に個人差があるので、絶対に効果があるとは言い切れませんが、多少の金額が払ってもやはり実績のある商品を購入するのが、良い抑毛剤、抑毛ローションに出会えるコツではないかと思います。

毛が濃い女性にオススメの脱毛法は?

さて、ここまで抑毛剤と他のムダ毛処理グッズの違いや、オススメの女性用抑毛剤、抑毛ローションを紹介させて頂きました。

 

しかし、こういった商品は”使い続けて始めて効果が出るもの”がほとんどで、毛が濃い剛毛女子にとっては、待ちきれないかもしれません・・・。

毛が濃い女性にオススメの脱毛法

そんな女性にオススメの脱毛法と言えば、やはりサロンやクリニックでの脱毛がオススメです。「お金がない」と言う理由から店舗での脱毛を敬遠される女性が多いのですが、抑毛剤や抑毛ローションを2〜3本買うのであれば、脱毛サロンに通う方が部位によっては安くつく可能性も有ります。

 

例えばワキだけで言うと、抑毛剤3本の価格10000〜15000円程で永久脱毛が出来る医療クリニックも最近は出てきています。そう考えると、時間をかけて抑毛剤や抑毛ローションを試すより、脱毛に行く方が一生処理をしなくてよくなるので、絶対にオススメです。

 

もしよければ関連記事もチェックしてみてください。きっと本当にあなたにあった脱毛法がみつかるはずです。
>>今、脇脱毛が安い!≪厳選した3つの激安脱毛サロン≫と安すぎる理由
>>脇脱毛が安い!激安の医療レーザー脱毛クリニックを厳選!≪最新版≫

【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

豆乳ローションの作り方とポイント
テレビや雑誌で話題になった手作り豆乳ローションのレシピをまとめました。市販の抑毛ローションとの違いや、効果についても説明しています。メリット、デメリットを知って、あなたにあった抑毛剤を見つけて下さいね。
ムダ毛が薄くなる方法まとめ!
女性で体毛が濃いと悩んでいる人が多いようなので、身体のムダ毛を薄くする方法や食べ物を調査してまとめています。今現在剛毛で悩んでいるなら、是非チェックして、普段の生活から毛が薄くなる方法を実践してください。
ビールですね毛が薄くなるか検証
女性の悩みの種であるムダ毛処理・・・中でもすね毛が濃くて悩む女性は多いようです。そこで、正しいすね毛処理の方法や、根本的に薄くする方法などを調査しまとめました。すね毛処理に悩んでいる方は是非ご一読下さい。
抑毛剤のデメリットは?
女性のムダ毛処理に最適な抑毛剤や抑毛ローションについてのデメリットから、他のムダ毛処理方法との違い、正しいムダ毛処理や脱毛の方法などをご紹介しています。今後抑毛剤などの使用を検討している方は参考にしてください。
抑毛剤の効果と正しい使いかた!
ムダ毛に悩む女性に人気の抑毛剤や抑毛ローションについて、「実際に効果が出るまでどれぐらいかかるか?」、「効果的な使い方ってあるの?」などの疑問にお応えしていきます。ネットで話題の抑毛剤の紹介もしていますので、是非今後検討されている方は参考にしてくださいね。