【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

「ミュゼは予約が取れないの?」がイメージ出来る画像01
「ミュゼプラチナムの口コミ体験談」がイメージ出来る画像01

「全身脱毛が安い医療脱毛特集」がイメージ出来る画像01
「全身脱毛が安い脱毛サロン特集」がイメージ出来る画像01

Vラインのカミソリ負けでお悩みなら!今すぐ読むべき5つのポイント!

Vラインのカミソリ負けをイメージ出来る女性の画像02

「赤みだけならまだしも、中途半端に毛が残るし、猛烈にかゆい・・・。おまけにかいた所が赤いボツボツになって治らない・・・」Vラインを剃った後、あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

Vラインは顔や足などよりもデリケートな部分なのに、他の部位より雑菌が入り易く、少しでも間違ったムダ毛処理をしてしまうと、すぐにカミソリ負けを起こしてしまいます。

 

治すには触らないのが一番と言うのはあなたもご存知かもしれません。でもすぐに生えてきてチクチクするし、カミソリ負けの症状が治る前に、また太くて濃い毛が伸びてきてしまってどうすればいいかわからないと悩んでいる人も多いようです。

 

 

そんな女性の悩みにお答えすべく、当記事では下記の5つのポイントを順を追ってご紹介していきます。

 

目次

1.カミソリ負けの原因と悪化を防ぐ為の応急処置

2.カミソリ負けしてしまったVラインに効果のある薬

3.今後カミソリ負けしないようなVラインの処理方法

4.毎回カミソリ負けする人へ!繰り返さない為の保湿剤

5.Vラインのかゆみや赤いボツボツを根本から解決する脱毛方法

 

これらを読み進めて頂くと、”今まさにVラインのカミソリ負けに悩んでいる人”も、”毎回繰り返すカミソリ負けに悩んでいる人”も、今後症状が大きく改善されるはずです。


1.-カミソリ負けの原因と悪化を防ぐ為の応急処置

「Vラインのカミソリ負けでお悩みなら!」がイメージ出来る画像02

ムダ毛処理の際にカミソリ負けしてしまう場合は、どの部位にも同じような原因があります。中でもVラインはデリケートな部分なので他の部位よりもより注意して処理をしなければ、後々色素沈着や黒ずみの原因になる場合がほとんどです。

 

既に色素沈着や黒ずみになっている場合は、早急に脱毛へ!Vラインは”脇脱毛が安い脱毛サロン”で脇とセットで500円以下で受ける事が出来ます。

⇒参考記事:「今、脇脱毛が安い!≪厳選した3つの激安脱毛サロン≫と安すぎる理由

 

そこで、まずは、あなたがカミソリ負けしてしまった原因を理解し、赤みや炎症をこれ以上悪化させない為の処置を今すぐすべきです。

Vラインがカミソリ負けする原因は?

基本的にどの部位もカミソリ負けをする原因は同じなのですが、特にVラインに関して多くの原因をしめているものを詳しく説明させて頂きます。顔を始め、他の部位のカミソリ負けの原因は、他記事の「顔のカミソリ負けの原因チェック!」をご参照ください。

 

処理の時に石鹸やボディソープを使っている

Vラインのカミソリ負けの原因として多いのが、処理の時にしっかりとシェービングジェルやシェービングフォームを使用していないケース。デリケートな部分なので、あまり部屋に毛を落としたくなかったり、風呂場で入浴のついでの処理出来る事で安易に考えている人も多いようです。

石鹸やボディソープは絶対にNG!

しかし石鹸やボディソープは皮膚の必要な油分まで取り除いてしまう為、肌がカサカサになってしまいます。その状態で処理をすると、よほどしっかりと保湿でもしない限り、カミソリ負けを引き起こす大きな原因となります。特に何度も繰り返す事でよりカミソリ負けしやすくなるので注意が必要です。

 

出来れば、薬局やコンビニでも買えるSchick(シック)やGillette(ジレット)などから出ている女性専用のシェービングフォームなどを付けて処理する方が望ましいです。

 

カミソリが古い、または不衛生

上記でも説明の通り、Vラインはお風呂場で処理をする人が多く、浴室にそのままカミソリを置きっぱなしにしている人も多いのです。しかし浴室は湿気が多く、菌が繁殖しやすいため、しっかりと洗浄したカミソリも知らない間にサビていたり、菌が付いている場合があります。

風呂場で剃る場合はカミソリの保管をしっかり!

その状態で毛の量が多いVラインのムダ毛処理をするのですから、カミソリ負けの大きな原因となるのは容易に想像できるのではないでしょうか。浴室で処理する場合も、しっかりとカミソリは外に持ち出し、清潔なタオルなどで拭いた後、ケースなどに入れるなど、清潔な状態で保管しておくべきです。

 

また、1ヶ月に1〜2回ぐらいは刃を替えたり、使い捨てのカミソリなら予備を用意して、1度、2度使用したら新しいものに取り換えるのもVラインのカミソリ負けを防ぐのに大きな効果を発揮します。

 

何度も同じ個所を多方向から剃る

Vラインは、顔や腕などと比べて毛の量も多く、更に太くて濃い毛が多いのはご存知の通りです。特に剛毛女子なんかは、あまりに広範囲に濃い毛が生えているので、ムキになって色んな方向から何度もカミソリを走らせる人も多いようです。

見えない皮膚をそぎ落としている!?

しかし、基本的に、カミソリでのムダ毛処理は見えない皮膚をそぎ落としている行為に当たります。ですので、何度も同じ個所を繰り返し剃るのもVラインのカミソリ負けの原因となるのでこちらも注意が必要です。

 

あまりオススメは出来ませんが、今後もカミソリでの自己処理を続けると言う事なら、下記記事内の「カミソリ負けしない為に必ずチェックするべき5つのポイント」も確認される事をオススメします。

赤みや炎症の悪化を防ぐ方法

既に赤みやボツボツなど、炎症が出てしまっている状態なら出来るだけ肌に負担をかけないようにする事が悪化を防ぐ一番の方法となります。Vラインは下着が擦れる部分なので、中々安静には出来ませんが、一度カミソリ負けになったなら、しばらくは、痒みや痛みが合っても、ムダ毛処理は控えてください。

かゆみが治まらない場合の対処は?

また、かゆみが治まらない場合は安易に掻きむしったりせずに、氷水にタオルを巻いて患部を冷やすなどして、痒みを紛らわせるようにしてください。掻くと悪化するだけでなく、カミソリ負けの症状も長引きます。出来れば3〜4日は様子をみたい所です。

 

最後に、入浴時も身体を温めるとかゆみや痛みが増す場合がありますので、つからない方が無難です。また、患部をこすって洗うと摩擦により更に痛みや痒みが増す原因となるので、こちらも控えるようにしてください。

 

まとめると・・・

肌に負担をかけないようにする
出来れば3〜4日は安静にする
かゆみが出ても絶対に掻かない
痒みが我慢できない場合は冷やす
入浴は出来ればシャワーのみにする
身体を洗う際は患部を刺激しないようにする

悪化して、後々後悔しないように、上記の事は最低限守りたい所です。ちなみに、Vラインのみでなく、デリケートゾーンもカミソリ負けしている場合はこちらも参照下さい。


2.-カミソリ負けしてしまったVラインに効果のある薬

「Vラインのカミソリ負けでお悩みなら!」がイメージ出来る画像01

 

さてここからは、Vラインをムダ毛処理して、”既にカミソリ負けしている状態”の方へ向けて、オススメの薬をご紹介させて頂きます。

カミソリ負けのかゆみに効果のある薬は?

基本的にカミソリ負けには、”痛み”と”かゆみ”の2種類の症状があります。”痛がゆい”と言う場合もありますが、まずはかゆみを抑える薬を紹介させて頂きます。

フェミニーナ軟膏

Vラインのかゆみに効果のあるフェミニーナ軟膏の画像01

小林製薬から出ているフェミニーナ軟膏は、通常のかゆみ止めとは違い、”デリケートゾーンに特化している”数少ない痒み止めの薬です。薬局などで900円前後で購入出来るので、よくカミソリ負けで痒みが出ると言う人にはオススメです。
※画像クリックで価格を参照出来ます。

 

カミソリ負けの赤みや痛みに効果のある市販薬

次に、Vラインのカミソリ負けの痛みに評判の高い商品をご紹介させて頂きます。昔から家庭に1つある商品なので、もしかするとあなたの家にも置いてあるかもしれません。

オロナイン

Vラインのカミソリ負けに効果のあるオロナインの画像01

大塚製薬が販売するオロナインはご存知の人も多いかと思いますが、身体のほとんどの部位で使用出来て、外傷なら「これを塗っておけば大丈夫」と昔から親に教えられて来た人も多い商品。

 

Vラインのカミソリ負けにも効果があったと言う口コミも多数あるので、使った事がない人は試してみてください。
※画像クリックで価格を参照出来ます。

 

カミソリ負けの赤み・ブツブツ・かゆみに効果のある薬

最後に、赤みや、ボツボツ、かゆみにも効果のあるオススメの薬を紹介させて頂きます。

ケアレケア

Vラインのカミソリ負けの赤みやボツボツに効果のある薬ケアレケアの画像

ムヒで有名な池田模範堂から出ている”ムダ毛処理後のケア”に特化した市販薬。この商品の特徴は、赤みやボツボツ、かゆみも抑えてくれるだけでなく、皮膚組織を修復してくれる作用もあるので使い続けると効果を発揮してくれます。
※画像クリックで価格を参照出来ます。

 

ここではカミソリ負けしてしまっている方へ向けて薬などを紹介しましたが、やはりムダ毛の自己処理は、80%以上の女性が肌トラブルを経験していますので、出来れば根本的に改善したい所ですね。

 

※上記の薬を今すぐ試せない!または効果がなかった!と言う人は悪化しないように注意しましょう

⇒参考記事:「カミソリ負けを悪化させない為の対処法!【※再発を防ぐためには?】


3.-今後カミソリ負けしないようなVラインの処理方法

「Vラインのカミソリ負けでお悩みなら!」がイメージ出来る画像03

 

Vラインのムダ毛処理では、女性の80%以上がカミソリを使用しています。しかし実際の処理の仕方をチェックすると、その間違った方法の多さに驚かされます。

ムダ毛処理の肌トラブルとアンダーヘアについてのアンケートに衝撃!

 

Vラインはデリケートな部分なので、正しい方法で処理しないとすぐにカミソリ負けしてしまいます。そこで、ここからは実際に”どのように処理をすればカミソリ負けしないか?”を徹底的に追求したムダ毛処理の方法をお伝えさせて頂きます。

Vラインの正しいムダ毛処理方法〜準備編〜

まずは事前に準備するものをご紹介させて頂きます。

T字カミソリ(出来れば新品、再利用なら必ず刃は替える)
ハサミ(毛がそれほど長くない場合は不要)
シェービングフォーム(シッククアトロフォー ウーマンetc)
保湿ジェル
カミソリ負けに効く薬(ケアレケアetc)

Vラインの正しいムダ毛処理方法〜実践編〜

それでは実際にVラインを処理する手順をご紹介させて頂きます。今まで実践してきた方法に比べて多少面倒に感じるかもしれませんが、これも色素沈着や埋没毛を出来るだけ作らない為のカミソリ負けしない方法となります。是非しっかりと実践してくださいね。

  1. 入浴して身体を温めて処理する部分の毛を柔らかくする
  2. 毛が長い人は、処理する部分の毛を片手で持ちあげて上部をある程度カットする
  3. シェービングフォームを万遍なく塗ってしっかりと毛と肌に浸透させる
  4. 処理する部位周辺の皮膚をカミソリを持っていない方の手で抑える
  5. しっかりと周辺の皮膚を抑えたら、毛の生えている方向に沿って剃る(順剃り)
  6. どうしても剃り残しが気になる部分は、もう一度シェービングフォームをつける
  7. 気になる部分に一度だけゆっくり慎重に毛の流れに沿って剃る(逆剃り)
  8. シャワーで冷たい水を出し、処理した患部に充てて冷やし、毛穴を閉める
  9. 風呂からあがり清潔な新しいバスタオルで優しくタオルドライする
  10. 拭き終わったら、保湿ジェルやボディクリームを処理した部分に塗る
  11. 風呂から上がって服を着て、しばらく患部の様子を見る
  12. 数十分、数時間後、患部がヒリヒリするなど違和感があれば、再度保湿クリームを塗る

 

処理する部分の毛を最初にハサミでカットすると、何度も同じ個所にカミソリを走らせずに済むのでオススメです。毛が長いと一度で処理が出来ず、何度もカミソリを使ってしまい、肌を傷つける恐れがあります。

また、基本的には順剃りのみがオススメです。ただ、剛毛女子なら余計に、1回の順剃りでは剃り残しが気になるかと思います。その場合はしっかりと周りの皮膚を抑えながら、極力少ない回数で逆剃りするようにしてくださいね。

最後に注意したい点ですが、カミソリだけに限らず、使用するならハサミも、ドライの為のバスタオルも特にムダ毛処理後は清潔なものを使用するようにしてください。

⇒参考記事:「カミソリ負けの赤みを作る5つの原因と予防の為の5つのポイント♪

上記の正しい処理をしているのにカミソリ負けを繰り返す場合は・・・

尚、既に何度もカミソリ負けを繰り返している場合は、やはり自己処理を早めにやめるべきです。色素沈着もそこまでひどくない場合は、まだ脱毛を受ける事も可能ですので、取り返しがつかなくなる前に、地道にVライン脱毛に通うのが絶対にオススメです。今なら脇脱毛とセットで激安で出来ますしね。

今、脇脱毛が安い!≪厳選した3つの激安脱毛サロン≫と安すぎる理由


4.-毎回カミソリ負けする人へ!繰り返さない為の保湿剤

「Vラインのカミソリ負けでお悩みなら!」がイメージ出来る画像04

 

もし上記の正しいVラインの処理方法でカミソリ負けをするようなら”基本的に肌が弱くて剛毛”の可能性があります。こう言った人は、どうしても毎回カミソリ負けになってしまう傾向にあります。

 

そう言う場合は、カミソリ負けを繰り返さない為に、普段から生えている毛を細くしておくのがオススメです。

ムダ毛処理後にオススメの保湿ローション

実際の効果などについては、薬事法の関係からかあまり触れられていませんが、ムダ毛処理後、こちらのボディローションを付けるだけで、肌が明るくなり(色素沈着改善)、抑毛効果もあると口コミで話題です。

パイナップル豆乳ローション

抑毛効果のある保湿剤「パイナップル豆乳ローション」

自宅でエステ!?パイナップル豆乳ローションは、ヤフーショッピングで売れ筋ランキング1位に輝いた事もあり、既に260万個以上販売されている人気の商品。Vラインのムダ毛処理後、保湿に使えるだけでなく、ツルスベ美肌効果があると言う事で話題です。

 

また商品到着後30日以内であれば、全額返金してもらえる制度もあるので、毎回カミソリ負けを繰り返すと言う人は一度試してみる価値はあるかと思います。

⇒参考記事:「女性用抑毛剤でおすすめの商品は?※売れ続けている4つの厳選抑毛剤

⇒参考記事:「抑毛剤の効果と正しい使いかた!【※実際に効果を実感する期間は?】


5.-Vラインのかゆみや赤いボツボツを根本から解決する脱毛方法

「Vラインのカミソリ負けでお悩みなら!」がイメージ出来る画像05

 

結局の所、Vラインのかゆみや赤いボツボツを根本的に解決するなら、やはり脱毛エステか医療レーザー脱毛がオススメです。

 

もしVラインだけの脱毛を考えているなら、今はミュゼプラチナムなどでキャンペーンを利用すると、Vラインとワキ脱毛がセットで500円以下で受ける事が出来るので、自己処理の面倒臭さを感じると、こちらの方がカミソリ負けのリスクも通う程に減るしオススメです。

 

ミュゼの脱毛を始め、脱毛サロンは永久脱毛でないのがデメリットと言われていますが、Vラインなどは、普段目につかない部分ですし、やる程に毛が薄くなっていくので自己処理も楽になります。

 

そう考えると、早めに安価な脱毛エステに通う事が将来カミソリ負けをなくし、綺麗なツルスベ肌になる為には必要不可欠だと言っても過言ではありません。

 

是非前向きに検討してみてくださいね。


【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

赤みを作る原因と5つのポイント
カミソリ負けの赤みを防ぐ”絶対に知っておくべき7つのポイント”をご紹介。また、赤みになる原因と、なった時の予防法、治らない時の対策などもまとめています。
痒みが出た場合の対処法と薬
女性でも多いカミソリ負け、毛深い(剛毛)の人からすると、毎回なる人もいるそうです。当記事ではカミソリ(剃刀)負けでかゆみが出た場合の対処法と、オススメの薬などを紹介していきます。
顔のカミソリ負けの対処と予防
女性でも多い、顔のカミソリ(剃刀)負けについて、対処法や、予防法、市販の薬などをご紹介しています。毛深い女性なら知っておきたい顔そりの方法や、女性用剃刀の紹介なども♪
デリケートゾーンの剃刀負け対策
デリケートゾーンのカミソリ負け(剃刀負け)を治す方法や痒みを抑える方法、更にデリケートゾーンの専用シェーバーやオススメのケア方法などをお伝えしていきます。
剃刀負けを悪化させない為には?
女性が日常的に行うカミソリでのムダ毛処理、ちょっとした原因と剃刀負けを起こしてしまい悪化した為に跡が残る事も・・・。そんな剃刀負けで悩む女性へ向けて、悪化しない為の方法や、完治させる方法、再発を防ぐためにはどうすればいいか?をまとめてみました。
足のカミソリ負けの対処と予防
剃りやすい為、足のムダ毛処理はカミソリでやっている女性も多いとか・・・。しかし間違った処理をしていると、広範囲にカミソリ負けしてしまう事もあります。普段から出来る予防法や対処法、チクチクしない為の正しい剃り方を紹介していきます。