【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

カミソリ負けを悪化させない為の対処法や予防は?

「カミソリ負けの悪化を防ぐ為には?」がイメージ出来る画像01

 

「無駄毛処理をしていてカミソリ負けになったんだけど中々治らない・・・」、「カミソリ負けが悪化しているのか1週間経ってもヒリヒリする」、「何もしていないのに剃刀負けが再発し、繰り返す・・・」もしかするとあなたもこんな悩みを持って当ページをご覧頂いているのかもしれません。

 

ムダ毛処理をした事のある女性なら一度は経験した事があるカミソリ負け。「最初になった時は2〜3日で治ったし大丈夫」と思ってほっておくと、悪化してしまい跡が残ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

普段と変わらず”いつものカミソリ負け”と思っていても

歳をとった事による肌質の低下
生理前後の肌が敏感な時
生活リズムがくるっている時
体調不良が続いている時

のムダ毛処理から引き起こすカミソリ負けは、いつもより治りが遅かったり悪化しやすいのです。

 

是非、カミソリ負けが悪化しないような対策と予防法を実践し、今後同じ事を繰り返さないようにしてくださいね。


出来たてのカミソリ負けにオススメの対策は?

基本的にカミソリ負けになってしまったら、早めに処置する事が、悪化させない為の対策と言えるかと思います。そこで、カミソリ負けした後の処置する薬としてこちらがオススメです。

「カミソリ負けの悪化を防ぐ薬はオロナインが最適」がイメージ出来る画像01

だいたい一家に1つ置かれている事の多い≪オロナインH軟膏≫。このオロナインは効果・効能として「にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも」と様々な症状に対応しています。

 

カミソリ負けと言うのは、剃刀により目に見えない小さな傷が原因で起こっている事がほとんどです。そう言う意味でオロナインは、殺菌作用がある<グルコン酸クロルヘキシジン液>や、止血薬である<ラウロマクロゴール>が含まれているので、雑菌の活動を抑制する働きと、傷口を止血する効果があるので、痒み止めやニキビを治す薬よりオロナインがオススメと言えます。

カミソリ負けを繰り返す場合に、これ以上悪化させない為の方法

カミソリ負けをして、毎回悪化を繰り返す場合の原因としては、下記の理由による所がほとんどです。

カミソリ負けしているのにムダ毛処理を続けている
痒み止めの薬やニキビの炎症を抑える薬を使っている
皮膚事態に炎症を起こして慢性化している

これらのいずれかによってカミソリ負けの悪化を繰り返している場合が多いので、症状を悪化させない方法としては、

カミソリ負けをした時は治るまでムダ毛処理はしない
オロナインなど、適切な薬を用いる様にする
毎回繰り返す場合は一度皮膚科で診てもらう

上記の対策をすれば、基本的にカミソリ負けの悪化は繰り返さないようになります。

カミソリ負けの悪化を防ぐ前に、まずはカミソリ負けを予防しよう!

「カミソリ負けを予防する方法」がイメージ出来る画像01

 

カミソリ負けが既に悪化してしまっている場合は、前述で紹介した方法を用いるのが効果的だと言えます。しかし、今後同じ事を繰り返さないように、普段のムダ毛処理からカミソリ負けしないように予防する事も必要となります。

カミソリ負けをしないようにする予防方法

処理用のカミソリは風呂場に置きっぱなしにしたものは使用しない
処理用のカミソリは新しい物か、湿気のない所で清潔に保管したものを使う
処理前は蒸しタオルなどでしっかりと毛を柔らかくし、毛穴を開く
処理時は、石鹸やボディソープでなく専用のジェルやフォームを使う
処理時は、湿気や雑菌が多い風呂場ではなく、出来れば部屋で行う
処理時は、出来るだけ毛の流れに沿った順剃りを行う
処理時、剃り残しが気になる場合のみ逆剃りをゆっくり行う
処理後は患部を冷水やアイスバックで冷やし、毛穴を閉じるようにする
処理後は、保湿ジェルやボディクリームなどを塗ってケアする


まとめ

ここまで紹介したように、既にカミソリ負けが出来てしまい悪化している場合はオロナインなどを使用し様子を見るようにしてください。また、カミソリ負けをコレ以上繰り返さないように、普段のムダ毛処理からしっかりと予防する事が重要です。

 

多少面倒に感じるかもしれませんが、このまま間違った処理や、悪化した時の間違った対処を続けていると、数年後「あの時しっかりと予防していればこんな事になっていなかったのに・・・」と、自分の汚くなった肌を見て後悔する日が来る可能性があります。

 

最終的には医療クリニックで永久脱毛するのが、自己処理の負担がなくなり、肌もきれいになるのでオススメですが、金銭的にも時間的にもすぐには通えないのではないかと思います。そう考えると、普段から出来る事をしっかりとしておく方が、今後歳を重ねても綺麗な肌を保つ事が出来ますので、是非実践してくださいね。

【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

赤みを作る原因と5つのポイント
カミソリ負けの赤みを防ぐ”絶対に知っておくべき7つのポイント”をご紹介。また、赤みになる原因と、なった時の予防法、治らない時の対策などもまとめています。
痒みが出た場合の対処法と薬
女性でも多いカミソリ負け、毛深い(剛毛)の人からすると、毎回なる人もいるそうです。当記事ではカミソリ(剃刀)負けでかゆみが出た場合の対処法と、オススメの薬などを紹介していきます。
Vラインのカミソリ負け5つの対策
Vラインのカミソリ負け(赤み)の原因と対処法を分かりやすく解説。赤いポツポツや炎症が起きて痒みが治まらない人は必見。Vラインの悩みを今すぐ解決してください。
顔のカミソリ負けの対処と予防
女性でも多い、顔のカミソリ(剃刀)負けについて、対処法や、予防法、市販の薬などをご紹介しています。毛深い女性なら知っておきたい顔そりの方法や、女性用剃刀の紹介なども♪
デリケートゾーンの剃刀負け対策
デリケートゾーンのカミソリ負け(剃刀負け)を治す方法や痒みを抑える方法、更にデリケートゾーンの専用シェーバーやオススメのケア方法などをお伝えしていきます。
足のカミソリ負けの対処と予防
剃りやすい為、足のムダ毛処理はカミソリでやっている女性も多いとか・・・。しかし間違った処理をしていると、広範囲にカミソリ負けしてしまう事もあります。普段から出来る予防法や対処法、チクチクしない為の正しい剃り方を紹介していきます。