【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

「ミュゼは予約が取れないの?」がイメージ出来る画像01
「ミュゼプラチナムの口コミ体験談」がイメージ出来る画像01

「全身脱毛が安い医療脱毛特集」がイメージ出来る画像01
「全身脱毛が安い脱毛サロン特集」がイメージ出来る画像01

カミソリ負けの赤み対策!予防する方法〜赤みを抑える方法まで

カミソリ負けの赤みに関する女性の画像02

「カミソリ負けが原因で1週間以上赤みが消えない・・・」、「ムダ毛処理の度に、毎回カミソリ負けするのは何故?」あなたもこのような悩みを持って当記事をご覧頂いている事だと思います。

 

カミソリ負けは、間違った処理によって引き起こされますが、特に下記ような体質、肌質の人に多いと言われています。

肌が弱くて刺激を受けやすい”敏感肌”
毛の量が多い又は毛が濃い”剛毛女子”
少しの炎症でも目立ってしまう”色白体質”

もしあなたが上記の体質、肌質にあてはまるのなら、特にカミソリでのムダ毛処理について今すぐ正しい処理方法を学ぶべきです。

 

当記事では、カミソリ負けの赤み対策として、赤みを引き起こさない為の予防法から、なってしまった場合の対処法まで、それぞれの状況に応じたアプローチの方法をお伝えしていきます。既にカミソリ負けで赤くなってしまっている人も、毎回カミソリ負けしてしまって悩んでいる人も、是非目を通して頂ければと思います。


カミソリ負けの赤みを作る5つの原因を取り除こう!

「カミソリ負けの赤みを作る5つの原因を取り除こう!!!」がイメージ出来る画像01

 

カミソリ負けで赤みを引き起こさない為には、まずあなたが普段行っているムダ毛処理について見直さないといけません。カミソリ負けで肌が赤みがかってしまうのには原因があり、まずこの原因から取り除いていくべきです。

カミソリ負けの赤みの原因:「あなたはこんなムダ毛処理していませんか?」

肌の質は、10人いれば、10人とも違う肌質をしているので、人それぞれカミソリ負けで赤みがかる原因は違ってくるかと思います。そこで、一般的にカミソリ負けの原因として多いと言われているものをピックアップしてご紹介させて頂きます。

カミソリの刃を替えていない

基本的にカミソリの刃は、安いものを使っているならその分カミソリの刃を替える回数も多くしないとすぐに劣化してしまいます。

 

劣化したカミソリでムダ毛処理をすると不衛生なだけでなく、切れ味自体が悪いので、カミソリ負けの赤みをつくる原因となります。

 

どんなカミソリでも刃は、月に1〜2回は変えるべきです。また使い捨ての安価なものを使用しているなら、1〜2回使用したら、すぐに新しいものに取り換えるべきです。

 

同じ個所を何度も剃ってしまう

毛深い人や剛毛な人に多いのですが、剃った後に、毛の断面が見えて黒いボツボツが残ってしまう事があり、これが気になって、何度も同じ個所を剃ってしまう人も多いようです。

 

ただ、1回でもカミソリの自己処理は肌に負担がかかる行為なのに、同じ個所を何度も剃ると言う行為は、カミソリ負けの赤みをつくる大きな要因となります。

 

どうしても黒いボツボツが気になるようならエステやクリニックで脱毛するか、抑毛剤で毛質を細く、少なくしていく方が良いかと思います。

逆剃りをしてしまう

通常は毛の流れに沿ってカミソリを使いますが、キレイに剃れないからと逆に刃を走らせる、いわゆる逆剃りを何度もしてしまうと、赤みの原因になります。

 

こちらも毛が濃くて太い人に多いのですが、キレイにならないからと言って何度も、逆剃りを繰り返すとかなり肌に負担がかかるので注意してください。

事前ケアに問題がある

身体が温まると毛も柔らかくなり、そのまま洗いながせる事から、入浴の際に、お風呂場でボディソープや石鹸を付けてそのままカミソリでムダ毛処理する人も多いようです。

 

お風呂場は確かに毛は柔らかくなりますが、専用のシェービングジェルやシェービングムースではなく、ボディソープや石鹸を使うと、肌が乾燥しやすくなります。

 

これを繰り返す事で肌自体が弱くなってしまい、カミソリ負けの赤みを引き起こす原因にもなります。

アフターケアに問題がある

剃った後に、面倒であったり、疲れてしまってすぐにビールなどを飲みたくなり、アフターケアをしないと言う人も少なくありません。

 

剃った後は、必ず保湿クリームや保湿剤などをしっかりと塗らないと、負担がかかった肌はどんどん弱くなっていきます。

 

専用の保湿クリームなどを用意出来ない場合は、ボディクリームでも問題ないのでしっかりとケアすべきです。

 

※カミソリ負けの更にくわしい情報はこちらでも確認出来ます!

⇒参考記事:「女性の為のカミソリ負け対策!※正しいムダ毛処理の方法まとめ


カミソリ負けしない為に必ずチェックするべき5つのポイント!

「カミソリ負けしない為に必ずチェックするべき5つのポイント!!!」がイメージ出来る画像01

 

ここまでで、カミソリ負けの原因について学んで頂きましたので、次にこれらの原因を取り除くカミソリでのムダ毛処理方法についてポイントをお伝えしていきます。

 

ここからご紹介する5つのポイントには、”処理をする前”から、”処理の仕方”、また”処理後のケア”まで、それぞれの状況に合わせたポイントをお伝えしていきます。これら一つでも間違った方法をしていたり、あるいはポイントを抑えていないとカミソリ負けによる赤みが発生する場合がありますので、しっかりと読み進めて、明日からのムダ毛処理に活かして下さいね。

カミソリ負けしない為に必ずチェックするべき5つのポイント!

カミソリ負けしない為のポイントをここから紹介させて頂きますが、実は、事前にお伝えした、”カミソリ負けで赤みをつくる原因”となっているものをチェックしていくと答えが見つかります。

1.-事前につける専用ジェルやシェービング剤を用意する

前述の通り、入浴のついでにムダ毛処理をする人が多く、その大半がボディソープや石鹸を使って処理をしてしまっています。

 

特にボディソープは、肌がふやける要素である、界面活性剤が入っている事がほとんどで、肌がふやけた状態でカミソリを使うと、赤みを作る原因となります。

 

ですので、まずは近くの薬局にでも行って、ムダ毛処理用のジェルやシェービングフォームなどを用意するべきです。

 

2.-カミソリの刃は頻繁に替えて予備も準備しておく

こちらも前述の通り、切れ味が悪くなったカミソリや、風呂場に置きっぱなしになったカミソリだと、肌を簡単に傷めてしまいます。

 

カミソリの刃は出来れば常に新しい物を使用し、数回使用するなら、予備を用意しておき、事前に傷んでいないかチェックしてから使用してください。

 

浴室に置きっぱなしのカミソリは、湿気によって、見えないサビがついてしまっている場合もあります。

 

面倒だ・・・お金がもったいない・・・そんな理由で全くカミソリの刃を替えない人も多いようですが、赤みをつくる大きな要因ともなるので、しっかりと準備しておきましょう。

 

3.-ムダ毛処理をする場所に気をつける

こちらも何度か説明していますが、基本的に浴室でのムダ毛処理は出来れば避けたい所です。

 

事前ケアにボディーソープや石鹸を使わない事ももちろんですが、風呂場は、湿気が多く、カミソリの刃も雑菌がつきやすいのです。その雑菌の繁殖したカミソリを使い続けると、少しの切り傷から菌が入り、赤みをつくる原因になります。

 

出来れば浴室ではなく、室内で処理をするようにし、事前に毛を柔らかくするのは、濡らしたタオルで電子レンジで温め、それを処理部位に充てた後、シェービングフォームなどをつけて処理してください。この方法なら、室内でも安全にムダ毛処理が出来ます。

 

4.-基本は毛の流れに沿って剃り、逆剃りは回数を控える

剃り方の基本は、”毛の流れに沿って”と言うのが前提となります。もし剃り残しや、黒いボツボツが気になるようなら、毛の流れと逆方向にカミソリを入れる逆剃りは出来れば1度だけ、多くても2回までに控えるようにします。

 

キレイにならないから仕方ない・・・そう思って、逆剃りを基本にしている人も多いですが、この方法だと、どんどん肌に負担がかかってしまいます。こちらもしっかりと注意してムダ毛処理をするようにしましょう。

5.-体調不良時は、ムダ毛処理を控える

基本的に、風邪気味の時や、食欲不振の時、寝不足の時など、体調がすぐれない時はムダ毛処理を控えて下さい。

 

特に、生理中でも構わずムダ毛処理をする人も多いようですが、基本的に生理中を含め、体調不良時は、肌が弱っています。

 

その状態でムダ毛処理をすると、肌が過敏に反応し、カミソリ負けと赤みを作る原因となります。

 

※当記事を読まれた方はこちらも記事もチェックしています♪

⇒参考記事:「剛毛なら尚更!5000円以下、自宅で出来る毛の処理方法28のコツ


カミソリ負けで赤みが出てしまった場合に塗る薬は?

「カミソリ負けで赤みが出てしまった場合に塗る薬は?」がイメージ出来る画像01

 

さて、事前にカミソリ負けの赤みを作らない為のムダ毛処理の方法についてお伝えさせて頂きました。ここからは、”既に出来てしまった赤みを抑える為の薬”についてお伝えしていきます。

 

尚、今までに試した事がないようでしたら一度試してもらいたい方法として、カミソリ負けで赤みが出てしまった後、氷水につけて冷やした冷たいタオルなどで患部を冷やしてみてください。炎症が軽い物であれば、この方法ですぐに赤みが引く場合もあります。

 

また、毎回赤みがひどい場合は、皮膚自体に炎症が起きている場合があるので、下記で紹介させて頂く薬でも効果がない場合は、皮膚科などの専門医に薬を処方してもらう方が確実です。その点をを踏まえてここから読み進めて頂ければと思います。

カミソリ負けの赤みに効く薬と体験談

ここから、実際に”効果がある”と言われている薬をご紹介します。ただ、当サイトで独自に調査したものを紹介しても、個人差がある事から効果があるかは分かりかねます。そこで、”実際に使用して効果があった”と報告があった薬と紹介されているサイト様を一緒にご紹介させて頂きます。

オードムーゲ薬用ローション」六陽製薬

剃刀負けにオードムーゲおすすめです。もともとニキビ予防や肌荒れにきく薬用ローションですが、細菌が原因のカミソリ負けにもぴったりですよ。常備しておいて普段から使用すれば、髭剃りのアフターケアローションとしても使えますので、持っておいて損はないです。抗炎症成分配合なので、カミソリ負けのひりひりと赤みを抑える効果も。価格も160mlで970円と普通の化粧水ともほぼ変わらないので、おすすめです。
参考サイト:カミソリが人生を変える カミソリ男のブログ

メンソレータム ビタミンクリーム」メンソレータム

カミソリ負け対策にビタミンがいいと聞き、こちらを買ってみました。カンフルの匂いは微妙ですが、すぐ消えるし薬として使ってますから許容範囲です。すごく良いです!毎日お風呂あがりに化粧水+このクリームで膝から足首までをケアしています。始めてから3週間くらいですが(今は除毛自体もひかえてます)だいぶ足がきれいになってきた気がします。カミソリ負けの跡で赤いポツポツがひどかったんですけどだいぶ減ってきたし、まだ残っているところも色が薄くなってきて。このままずっと続けたらかなりきれいになりそう!と期待しています。カミソリで足が荒れてしまう方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
参考サイト:@コスメ

オーデクリームS」アロインス

カミソリ負けで脚にぶつぶつができてしまったので、こちらの口コミを見て購入してみました。塗るときはすぐ伸びて塗りやすかったです。カミソリ負けの部分は、早く治って欲しかったので、たっぷり塗りました。すると、次の日にはもう効果が出始め、5日ほどでぶつぶつはなくなりました。これには感動でした(^^)今は使い始めて1ヶ月ほどたちますが、カミソリ負けはすっかりなくなったし、他の腕や太ももの部分は肌がしっとりさらさらになって、とてもさわり心地がいいです。全身、顔に使えるのも便利だと思います。ただ、夏の暑い日にはべたつくので、使う量を調整して薄めに塗るとかすればいいと思います。あと、私は185gの大きいものを980円で買いましたが、とても大きくて1ヶ月毎日使っても全然減った感じがしません笑大きすぎるくらいで、コスパはとてもよかったと思います。
参考サイト:@コスメ

比較的簡単に手に入る、市販のカミソリ負けに効く薬

その他、一般的に多かった、カミソリ負けの赤みに効果のある薬としては、下記のものがありました。

これらは安価で薬局で手に入りますし、試した事がある人も多いのではないでしょうか。もしまだ試されていないなら、一度効果があるか試してみるのもいいかと思います。

 

※薬を塗るのも大事ですが、悪化しないようにこちらもチェックしてくださいね!

⇒参考記事:「カミソリ負けを悪化させない為の対処法!【※再発を防ぐためには?】


してはいけないNGポイント&カミソリ負けの赤み対策まとめ!

「カミソリ負けの赤みを抑える為にしてはいけないNGポイント!!」がイメージ出来る画像01

 

よくカミソリ負けで赤みがかっている肌を、ニキビと混在して考えてしまう人がいます。カミソリ負けで出来る赤みと、ニキビの炎症による赤みでは、全く処方する薬が変わってきます。

 

一番よくないNGポイントとしては、≪カミソリ負けの赤みにニキビの炎症を抑える薬を塗る事≫です。炎症を抑える成分が全く異なるので、ニキビの炎症を抑える薬を、そのままカミソリ負けの赤み部分に使用するのは避けるようにしてください。

 

でないと、炎症が治まるどころか、どんどんひどくなっていく可能性もあります。もし、カミソリ負けとニキビの炎症が同時に出ているようなら、注意してそれぞれの薬を塗るか、症状がひどい場合は、しっかりと皮膚科に行く事をオススメします。

 

ニキビ跡もカミソリ負けの赤みもひどくなると、後々肌自体が汚くなり、一生跡が残る可能性もあるので、充分に注意してくださいね。

カミソリ負けの赤み対策まとめ!

さて、最後にここまでのポイントをまとめておきますので、もう一度復習し、今以上に肌を汚くしないように注意してくださいね!

肌が弱くて刺激を受けやすい”敏感肌”は赤みが出やすい
毛の量が多い又は毛が濃い”剛毛女子”も赤みが出やすい
少しの炎症でも目立ってしまう”色白体質”も赤みが分かりやすい
赤みを作る原因1.カミソリの刃を替えていない
赤みを作る原因2.同じ個所を何度も剃ってしまう
赤みを作る原因3.逆剃りをしてしまう
赤みを作る原因4.事前ケアに問題がある
赤みを作る原因5.アフターケアに問題がある
カミソリ負けしない為に1.専用ジェルやシェービング剤を用意する
カミソリ負けしない為に2.刃は頻繁に替えて予備も準備しておく
カミソリ負けしない為に3.処理をする場所に気をつける
カミソリ負けしない為に4.基本は順剃り、逆剃りは回数を控える
カミソリ負けしない為に5.体調不良時は、ムダ毛処理を控える
赤みが出た場合の薬1.オードムーゲ薬用ローション
赤みが出た場合の薬2.メンソレータム ビタミンクリーム
赤みが出た場合の薬3.オーデクリームS

赤みが出た場合の薬4.ワセリン
赤みが出た場合の薬5.オロナイン
カミソリ負けの赤みにニキビの薬を塗るのは絶対にNG

 

最後に・・・
カミソリ負けの赤みを作る原因について紹介させて頂きましたが、自己処理は肌に傷をつけている事は変わりありません。もし今後もカミソリでのむだ毛処理を続けるようでしたら、しっかりとリスクと危険性を理解した上で行う事をオススメさせて頂きます。

 

※自己処理が危険な理由がよくわかる記事はこちら!

⇒参考記事:「むだ毛の自己処理は本当に危険!【※今すぐやめるべき7つの理由!】


【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

痒みが出た場合の対処法と薬
女性でも多いカミソリ負け、毛深い(剛毛)の人からすると、毎回なる人もいるそうです。当記事ではカミソリ(剃刀)負けでかゆみが出た場合の対処法と、オススメの薬などを紹介していきます。
Vラインのカミソリ負け5つの対策
Vラインのカミソリ負け(赤み)の原因と対処法を分かりやすく解説。赤いポツポツや炎症が起きて痒みが治まらない人は必見。Vラインの悩みを今すぐ解決してください。
顔のカミソリ負けの対処と予防
女性でも多い、顔のカミソリ(剃刀)負けについて、対処法や、予防法、市販の薬などをご紹介しています。毛深い女性なら知っておきたい顔そりの方法や、女性用剃刀の紹介なども♪
デリケートゾーンの剃刀負け対策
デリケートゾーンのカミソリ負け(剃刀負け)を治す方法や痒みを抑える方法、更にデリケートゾーンの専用シェーバーやオススメのケア方法などをお伝えしていきます。
剃刀負けを悪化させない為には?
女性が日常的に行うカミソリでのムダ毛処理、ちょっとした原因と剃刀負けを起こしてしまい悪化した為に跡が残る事も・・・。そんな剃刀負けで悩む女性へ向けて、悪化しない為の方法や、完治させる方法、再発を防ぐためにはどうすればいいか?をまとめてみました。
足のカミソリ負けの対処と予防
剃りやすい為、足のムダ毛処理はカミソリでやっている女性も多いとか・・・。しかし間違った処理をしていると、広範囲にカミソリ負けしてしまう事もあります。普段から出来る予防法や対処法、チクチクしない為の正しい剃り方を紹介していきます。