【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

デリケートゾーンのカミソリ負けを今すぐ解決したい人必見!

デリケートゾーンのカミソリ負け(剃刀負け)がイメージ出来る女性の画像02

「デリケートゾーンのムダ毛処理をしたけど、カミソリ負けなのか赤いブツブツのような状態になりヒリヒリする・・・」と悩んでいませんか?デリケートゾーンはその名の通り、デリケートな部分なので、ちょっとした処理の間違いですぐにカミソリ負けを起こしてしまいます。

 

他の人に聞く事も出来ない陰部の除毛の方法については、正しい方法が分からず悩む所で、最近ではプロに任せる人も増えてきているようです。

 

もしあなたがこんな事を感じているなら、当記事はお役に立てるのではないかと思います。

「デリケートゾーンのカミソリ負けってどんな薬を使えばいいの?」
「カミソリ負けをするので除毛クリームを検討してるんだけど、デリケートゾーンに使えるの?」
「これからきちんと処理したいんだけど正しいデリケートゾーンの処理方法は?」
「赤いボツボツや痒みが出た場合の対処法は塗り薬は?」
「彼氏に言われて陰部を剃ったけど、カミソリ負けをして困っている」

 

※補足説明:Vラインとデリケートゾーンの違い

Vラインはビキニラインの略で、水着や下着を着用した際に布からはみ出る部分の事を言います。一方デリケートゾーンは基本的に、陰部全体の事をさす場合が一般的です。


デリケートゾーンのカミソリ負けの原因と対処法

デリケートゾーンのカミソリ負けの原因と対処がイメージ出来る画像01

 

デリケートゾーンのカミソリ負けの原因に関しては、「Vラインのカミソリ負けでお悩みなら!今すぐ読むべき5つのポイント」でもご紹介させて頂いた通り、主な理由としては、≪石鹸やボディソープをつけて洗っていたり≫、≪ケアした後保湿していない≫事がほとんどの原因になるかと思います。

意外に多いこんな原因・・・

よく多い理由として、彼氏と一緒に入浴し、その場にあるカミソリで何の準備もケアもせずにデリケートゾーンを処理するケースです。その場は二人で盛り上がったり、「彼氏が喜ぶなら・・・」なんて安易な気持ちでしてしまうかもしれませんが、後で、痒みや赤みが出たり、色素沈着を起こしてしまい後悔してしまう人も多いようです。

⇒「毛が濃い女性の原因とムダ毛処理【男から見た毛深い女性の印象は?】

 

基本的にしっかりと準備をしてデリケートゾーンの処理をする事ももちろんですが、もし既にカミソリ負けになってしまっている場合は、患部を清潔にし、掻きむしったりしないようにしてください。応急処置としては、シャワーで冷水をかけて冷やすと痒みが治まる場合がありますので、その後、保湿剤などを塗って様子をみるのが悪化せずに早く治す一番の対処法となります。


デリケートゾーン(陰部)のカミソリ負けに効果のある薬

「デリケートゾーンに効果のある薬は?」がイメージ出来る画像01

 

既にデリケートゾーンがカミソリ負けを起こしてしまい、「カミソリ負けのかゆみに効く軟膏ってないの!?」と悩まれているかもしれませんね。と言う訳で、実際にデリケートゾーンに使用して効果があったと評判の高い薬をご紹介させていただきます。

フェミニーナ軟膏

「フェミニーナ軟膏」がイメージ出来る画像01

小林製薬から販売されているフェミニーナ軟膏は、デリケートゾーンのしつこいかゆみや炎症を沈めてくれる効果があります。低刺激性の肌にしみないので、小さなカミソリ傷にも安心して使えます。薬局などで900円前後で販売されていて、簡単に手に入るので、お世話になっている人も多いようです。
※画像をクリックすると販売サイトで価格の目安を確認出来ます。

フィーメリナ

「フィーメリナ軟膏」がイメージ出来る画像01


新新薬品工業から販売されているフィーメリナは、フェミニーナ軟膏と同じような成分ですが、比較的浸透が早い印象があります。薬局では売っている所と売っていない所がありますが、フェミニーナ軟膏よりも安いイメージがあるので、一度聞いてみて良いかもしれません。
※画像をクリックすると販売サイトで価格の目安を確認出来ます。

メンソレータム フレディ

「メンソレータムフレディ」がイメージ出来る画像01


ロート製薬から出ているデリケート部位に特化したメンソレータムのクリームタイプ。「さらさらパウダー」配合で、ムレた患部に塗ってもべたつかないのが特徴。
※画像をクリックすると販売サイトで価格の目安を確認出来ます。

 

 

一応これらの薬は”かゆみ”や”かぶれ”には効果がありますが、基本的にカミソリ負けに対応しているとは書かれていませんので、あくまで一時的にかゆみを抑えるものと認識しておく方が良いかもしれません。Vラインであれば痛みや赤みはオロナインで治まったと言う口コミも多いので、こちらも試して見てもいいかもしれません。


剃刀によるデリケートゾーンの正しいムダ毛処理方法

「デリケートゾーンの正しいムダ毛処理の方法」がイメージ出来る画像01

 

デリケートゾーンのカミソリ負けで悩む女性は、正しいムダ毛処理の方法を探しているかと思います。と言う訳でこちらでご紹介させて頂こうと思いますが、基本的にVラインの脱毛法に関してはいくつか紹介されていますが、デリケートゾーン、すなわちVIO全体に関しての自己処理方法についてはあまり有力な情報がありませんでした。

 

このような理由から、デリケートゾーンに関しては、「処理しない人」がいたり、「脱毛に通う人」が多いのかもしれませんね。

 

ですので、今回お伝えする「デリケートゾーンの正しい処理方法」としては、他の方が実際に行っている方法を元に、ポイントとなるコツをご紹介させて頂きます。

カミソリ負けしない為のデリケートゾーンの正しいムダ毛処理のコツ

  1. カミソリは100均のものではなく、3〜4枚刃のジレットやビーナスなどの女性用カミソリを使用する
  2. 始めて処理する際などは、ハサミなどである程度長さをカットした後に処理を始める
  3. 出来るだけ入浴後に処理をし、身体や毛を温めて柔らかくしておく
  4. シェービングフォームはなるべく低刺激性のものを準備しておく
  5. 鏡といすを風呂場に用意し、いわゆるM字に開脚した状態で剃る
  6. しっかりと処理する部分の周りの皮膚を抑えて、皮膚がカミソリにひっぱられないようにする
  7. 丁寧に剃り進めて、同じ個所を何度も剃らないようにする
  8. 剃り終わったらお湯でしつこいほどしっかりと洗いながす
  9. お湯で流した後は、毛穴を引き締める為に冷たい水で数回流す(冬季は風邪を引かない様に)
  10. 粘膜部以外で使用できそうな所に、乳液やボディクリームなどで保湿する

「剃ると痒みや痛みが出る・・・」そんな方に送る剃った後のケア方法

「カミソリでデリケートゾーンを剃った後のケア方法」がイメージ出来る画像01

 

デリケートゾーンのカミソリ負けからくる痒みや痛みは、剃った後すぐに症状が現れるものもあれば、中々症状が出ない場合もあります。

 

剃った後すぐに症状が出る場合は、処理中に既にカミソリで傷を付けている場合に多いのですが、剃った後、数時間後に症状が出る場合は、保湿などのケアがしっかりと出来ていないケースがほとんどです。

 

そう考えると、いかに剃った後にケアが大事かがお分り頂けるかと思います。

デリケートゾーンは保湿しなくていい!?

「デリケートゾーンは保湿しなくていい?!」がイメージ出来る画像01

さて、デリケートゾーンの保湿についてはあまり知られていませんが、実は、陰部に関しては、それほど処理後の保湿が他の部位に比べて必要ないと言われています。なのに「保湿などのケアがしっかりと出来ていない」のが原因で、痒みや痛みが出ると言う風にお伝えさせて頂いたのには理由があります。

海外に見るデリケートゾーンのケア方法

日本ではあまりなじみがないのですが、実は海外では、ボディ用の石鹸と、デリケートゾーン用の石鹸を分けるのが主流になっています。このようにするメリットとしては、デリケートゾーン専用の石鹸を使用する事で陰部に保湿効果を得られ、ムダ毛処理の際にもカミソリ負けを起こしにくいとされています。

と言う訳で、「しっかりとシェービングフォームを使い、新しいカミソリで剃っているのにどうしてもカミソリ負けが出来てしまう」と言う場合には、このようなデリケートゾーン専用の石鹸で丁寧に陰部を洗った後にムダ毛処理をしてみるのもいいのではないでしょうか。

デリケートゾーン専用の石鹸について

「デリケートゾーン専用の石鹸について!」がイメージ出来る画像01

あまり一般的に売られていないので、知らない人も多いですが、実際にデリケートゾーン専用の石鹸が売られているので紹介させて頂きます。

デリケートゾーン専用石鹸の価格相場

価格は2000円〜5000円ぐらいまでと幅広く、石鹸にしては若干高額に感じるかもしれません。しかし、デリケートゾーンのみに使用する為、石鹸1個で約1ヶ月半〜2ヶ月は持ちます。そう考えると、それほど高くはないかもしれません。

デリケートゾーン専用石鹸の効果と用途

それでも通常よりは若干高額に感じてしまいますが、これらの商品はデリケートゾーンのムダ毛処理時以外にも、普段から使用する事で、あそこの黒ずみや臭いが改善する効果が期待できます。生理中の不快な臭いなどにも効果があるので、ムダ毛処理時に加え、生理中や彼氏とのお泊りの際など、スポット的に使用するとより効果も実感出来るのではないでしょうか。

デリケートゾーン専用石鹸の紹介

ここで紹介させて頂く商品は、ネットで長く販売されているもので、効果などについてもある程度実証されています。
ロンタルハーバルジェルソープ
デリケートゾーンソープ【アムールモア】
ジャムウ・トリプル・クリアソープ
ジャムウ石鹸


肌が弱くなければデリケートゾーン専用の除毛剤もOK!?

「肌が弱くなければデリケートゾーン専用の除毛剤もOK?」がイメージ出来る画像01

カミソリが肌を傷める行為である事は、他記事でもしつこくお伝えさせて頂いておりますが、除毛クリームや脱毛クリームも薬剤なので、肌に負担はかかります。特に肌が弱い敏感肌の人にとっては、薬剤によっては合う合わないがあるかと思います。

 

尚、基本的に足やワキに使用する除毛クリームはデリケートゾーン(VIO)に使用出来ない事がほとんどです。ですので、こちらではデリケートゾーン専用の除毛クリームを紹介させて頂きますので、どうしてもカミソリ負けを何度も起こす場合で、あなたが敏感肌でないようなら試してみてもいいかもしれません。

※使用の際には、部分的に使用して、肌トラブルが出ないかテストされる事をオススメします。

ラブリーゾーン ヘアリムーバー(ビキニライン専用除毛剤)

こちらはAmazonで2500円程で販売されている安価な商品ですが、レビューを見てみるとそれほど悪くない為、試してみる価値はあるかと思います。

「デリケートゾーン専用の除毛剤ラブリーゾーン ヘアリムーバー」がイメージ出来る画像01

ラブリーゾーン ヘアリムーバー(ビキニライン専用除毛剤)の口コミ≫

デリケートゾーンに使用しました。染みたりせず かゆくなったりもせず 肌に優しい商品でした。 使用前にあらかじめ短くしておいた為か とてもきれいに除毛できました。 匂いは除毛クリーム特有の香りが 軽度に感じられます。
まったく痛くなく、キレイにごっそり毛が抜けます!
カミソリなどで剃ると痛いし、残った毛がチクチクしたりしますが、ゴッソリ抜けますのでその心配もありません。
根本から抜けますので、次のが生えてくるまでにかなり時間がかかります。
最初の1回では抜け切らない隠れている毛もありますので、日にちをあけて2度、3度とやれば、完全に抜けます。
ただ、けっこう量を使わないと抜けないみたいで、自分は一回除毛するのに商品の半分の量は使いました。
毛が全体的に、除毛剤で隠れるくらいビッシリと塗らないと抜けませんので、コチラの商品を試して「全然抜けなかった!」という方がいらっしゃたら一度、とにかく量を使ってみてください。
半分使えば必ず抜けます!
指先にちょっと出しただけでは、うんともすんとも言いません。
Iゾーンは左右に分けて処理した方が粘膜に付着せず行えました。
月経時の不快感もかなり軽減。かなり太い毛はすぐに生えてチクチクしましたが・・・。
参考サイト:Amazonラブリーゾーン販売ページ「レビュー」より


デリケートゾーンのカミソリ負けまとめ!根本的に改善するには?

「デリケートゾーンのカミソリ負けまとめ!根本的に改善するには?」がイメージ出来る画像01

 

彼氏との遊び心からデリケートゾーンの処理を始めた人も、生理中の不快感から処理を始めた人も、一度処理をしてしまうと濃くなってしまう事もあり、一生デリケートゾーンのムダ毛処理をしなければならなくなります。

⇒参考記事:「むだ毛の自己処理は本当に危険!【※今すぐやめるべき7つの理由!】

デリケートゾーンのカミソリ負けを根本的に改善する方法?

そう考えるとやはり、根本的にカミソリ負けを改善するには脱毛に通うのが絶対にオススメです。実際にデリケートゾーンのムダ毛処理や黒ずみに悩んでいた人も、「脱毛に通う事で驚く程綺麗になった」と言う女性も少なくありません。

何故他の部位より自己処理のリスクが高いのか?

デリケートゾーンの自己処理に関しては、他の部位と違ってかなりリスクが高いと言われています。その理由としては、

カミソリなどで傷がつくと炎症など悪化しやすい
下着の摩擦により、色素沈着や黒ずみになりやすい
パートナーとの性行為の際に支障をきたしやすい

などが一般的に言われています。自己処理をすればするほど、上記のリスクは高くなるので、出来るだけ早めに脱毛に通い始めるのが得策と言えます。恥ずかしさから躊躇する人もいますが、今では利用する人も増えた事で沢山の人が施術している為、施術スタッフも慣れています。気にせずに脱毛サロンでキレイに処理してもらいましょう。

⇒「VIO脱毛が安い医療クリニック&脱毛サロン!≪2016年最新版≫

⇒「VIO脱毛の効果まとめ!行く前に知っておきたい10のポイント

⇒「VIO脱毛の期間と回数まとめ【※完了するまで何回?施術時間は?】

 

※デリケートゾーンは普段見えない部分ですが、愛する旦那様や彼氏の事を考えると綺麗にしておきたい所なので、こちらもチェックしてみてくださいね♪

↓↓↓↓↓↓↓

>>VIO脱毛が安い医療クリニック&脱毛サロン2016年最新版!<<


【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

赤みを作る原因と5つのポイント
カミソリ負けの赤みを防ぐ”絶対に知っておくべき7つのポイント”をご紹介。また、赤みになる原因と、なった時の予防法、治らない時の対策などもまとめています。
痒みが出た場合の対処法と薬
女性でも多いカミソリ負け、毛深い(剛毛)の人からすると、毎回なる人もいるそうです。当記事ではカミソリ(剃刀)負けでかゆみが出た場合の対処法と、オススメの薬などを紹介していきます。
Vラインのカミソリ負け5つの対策
Vラインのカミソリ負け(赤み)の原因と対処法を分かりやすく解説。赤いポツポツや炎症が起きて痒みが治まらない人は必見。Vラインの悩みを今すぐ解決してください。
顔のカミソリ負けの対処と予防
女性でも多い、顔のカミソリ(剃刀)負けについて、対処法や、予防法、市販の薬などをご紹介しています。毛深い女性なら知っておきたい顔そりの方法や、女性用剃刀の紹介なども♪
剃刀負けを悪化させない為には?
女性が日常的に行うカミソリでのムダ毛処理、ちょっとした原因と剃刀負けを起こしてしまい悪化した為に跡が残る事も・・・。そんな剃刀負けで悩む女性へ向けて、悪化しない為の方法や、完治させる方法、再発を防ぐためにはどうすればいいか?をまとめてみました。
足のカミソリ負けの対処と予防
剃りやすい為、足のムダ毛処理はカミソリでやっている女性も多いとか・・・。しかし間違った処理をしていると、広範囲にカミソリ負けしてしまう事もあります。普段から出来る予防法や対処法、チクチクしない為の正しい剃り方を紹介していきます。