【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

デリケートゾーンのカミソリ負けを今すぐ解決したい人必見!アンダーヘアの処理にオススメのカミソリや激安のVライン脱毛店をご紹介♪

デリケートゾーンのカミソリ負けを今すぐ解決したい人必見!アンダーヘアの処理にオススメのカミソリや激安のVライン脱毛店をご紹介♪

 

目次ライン

デリケートゾーンのカミソリ負けの原因は?即効性のある応急処置と対処!
・意外に多いカミソリ負けのこんな原因・・・。応急処置的な対処法は?

 

デリケートゾーンのカミソリ負けが痛い!かゆい!効果のある薬は?
・小林製薬から販売されている「フェミニーナ軟膏」
・新新薬品工業から販売されている「フィーメリナ」
・ロート製薬から販売されている「フレディ」

 

デリケートゾーンの正しいカミソリの選び方とオススメ剃刀まとめ!
・シック ハイドロシルク トリムスタイル(ビキニライン用トリマーつき)
・シック Schick ハイドロシルク ホルダー 敏感肌用
・ラヴィア Iラインシェーバー

 

カミソリ(剃刀)によるデリケートゾーンの正しいムダ毛処理方法!
・カミソリ負けしない!デリケートゾーンのムダ毛処理の10個のコツとポイント

 

剃った後の肌トラブル・炎症に効果的なケア方法!
・カミソリ処理やパイパン(無毛処理)にした後に出来るブツブツの原因は?
・デリケートゾーンは保湿しなくていい!?海外に見るアンダーヘアのケア方法とは?
・専用石鹸で黒ずみ、臭いがなくなる!?価格相場と効果、オススメの商品は?

 

肌が弱くなければデリケートゾーン専用の除毛剤でのムダ毛処理もOK!?

 

デリケートゾーンの自己処理のリスクとトラブルについて!

 

デリケートゾーンのカミソリ負けまとめ!根本的に改善するには?

目次ライン下

 

「デリケートゾーンのムダ毛処理をしたけど、カミソリ負けなのか赤いブツブツのような状態になりヒリヒリする・・・」と悩んでいませんか?デリケートゾーンはその名の通り、デリケートな部分なので、ちょっとした処理の間違いですぐにカミソリ負けを起こしてしまいます。

 

他の人に聞く事も出来ない陰部の除毛の方法については、正しい方法が分からず悩む所で、最近ではプロに任せる人も増えてきているようです。

 

もしあなたがこんな事を感じているなら、当記事はお役に立てるのではないかと思います。

「デリケートゾーンのカミソリ負けってどんな薬を使えばいいの?」
「カミソリ負けをする場合除毛クリームなら安心して処理できる?」
「これからきちんと処理したいんだけど正しいデリケートゾーンの処理方法は?」
「赤いボツボツや痒みが出た場合の対処法は塗り薬は?」
「彼氏に言われて陰部を剃ったけど、カミソリ負けをして困っている」
「カミソリ負けしにくいオススメのカミソリは?」

 

※補足説明:Vラインとデリケートゾーンの違い

Vラインはビキニラインの略で、水着や下着を着用した際に布からはみ出る部分の事を一般的に言います。脱毛店などでは正面から見て逆三角の形に見えるアンダーヘア全体の事を指す事もあります。一方デリケートゾーンは基本的に、Vライン、Iライン、Oラインすべて含んだ陰部全体の事をさす場合が一般的です。


デリケートゾーンのカミソリ負けの主な原因は!?即効性のある応急処置と対処!

デリケートゾーンのカミソリ負けの主な原因は!?即効性のある応急処置と対処!

 

デリケートゾーンのカミソリ負けは、

石鹸やボディソープをつけてムダ毛処理をした
カミソリでムダ毛処理した後、保湿などのケアをしていない
除毛クリームやジェルをつけずにカミソリで剃った
風呂場に置きっぱなしのサビが見られるカミソリで剃った
アンダーヘアの処理に適していないカミソリで剃った
毛の流れと逆方向に何度も繰り返し剃った(逆剃り)

など、上記がほとんどの原因であると言われています。

 

ただ、中にはこんな理由からアンダーヘアのカミソリ負けになる人も・・・

意外に多いカミソリ負けのこんな原因・・・。応急処置的な対処法は?

意外に多いカミソリ負けの理由として、彼氏と一緒に入浴し、その場にあるカミソリで何の準備もケアもせずにデリケートゾーンを処理するケースです。

 

その場は二人で盛り上がったり、「彼氏が喜ぶなら・・・」なんて安易な気持ちでしてしまうかもしれませんが、後で、痒みや赤みが出たり、色素沈着を起こしてしまい後悔してしまう人も多いようです。

 

基本的にしっかりと準備をしてアンダーヘアの処理をする事ももちろんですが、もし既にカミソリ負けになってしまっている場合は、患部を清潔にし、掻きむしったりしないようにしてください。応急処置としては、シャワーで冷水をかけて冷やすと痒みが治まる場合がありますので、その後、保湿剤などを塗って様子をみるのが悪化せずに早く治す一番の対処法となります。

 

冬場などで冷水をかける事が出来ない場合は、ハンカチなどに氷を包み、患部を冷やす事でかゆみやヒリヒリする痛みを和らげる事が出来ます。


デリケートゾーン(陰部)のカミソリ負けが痛い!かゆい!効果のある薬(クリーム)は?

デリケートゾーン(陰部)のカミソリ負けが痛い!かゆい!効果のある薬(クリーム)は?

 

既にデリケートゾーンがカミソリ負けを起こしてしまい、「カミソリ負けのかゆみに効く軟膏ってないの!?」と悩まれているかもしれませんね。

 

と言う訳で、実際にデリケートゾーンに使用して効果があったと評判の高い薬をご紹介させていただきます。

小林製薬から販売されている「フェミニーナ軟膏」

デリケートゾーン(アンダーヘア)のカミソリ負けに効果のある薬「フェミニーナ軟膏」

フェミニーナ軟膏

※画像をクリックすると販売サイトで価格の目安を確認出来ます。

小林製薬から販売されているフェミニーナ軟膏は、デリケートゾーンのしつこいかゆみや炎症を沈めてくれる効果があります。

 

低刺激性で肌にしみないので、小さなカミソリ傷にも安心して使えます。薬局などで900円前後で販売されていて、簡単に手に入るので、お世話になっている人も多いようです。

 

新新薬品工業から販売されている「フィーメリナ」

デリケートゾーン(アンダーヘア)のカミソリ負けに効果のある薬「フィーメリナ」

フィーメリナ

※画像をクリックすると販売サイトで価格の目安を確認出来ます。

新新薬品工業から販売されているフィーメリナは、フェミニーナ軟膏と同じような成分ですが、比較的浸透が早い印象があります。

 

薬局では売っている所と売っていない所がありますが、フェミニーナ軟膏よりも安いイメージがあるので、一度聞いてみて良いかもしれません。

 

ロート製薬から販売されている「フレディ」

デリケートゾーン(アンダーヘア)のカミソリ負けに効果のある薬「フレディ」

メンソレータム フレディ

※画像をクリックすると販売サイトで価格の目安を確認出来ます。

ロート製薬から出ているデリケート部位に特化したメンソレータムのクリームタイプ。「さらさらパウダー」配合で、ムレた患部に塗ってもべたつかないのが特徴。

 

これらの薬は”かゆみ”や”かぶれ”には効果がありますが、カミソリ負けに対応しているとは書かれていません。

 

あくまで一時的にかゆみを抑えるものと認識しておく方が良いかもしれませんね。

 

Vラインであれば痛みや赤みはオロナインで治まったと言う口コミも多いので、こちらも試して見てもいいかもしれません。


デリケートゾーンのカミソリ負け対策!正しいカミソリの選び方とオススメ剃刀まとめ

デリケートゾーンのカミソリ負け対策!正しいカミソリの選び方とオススメ剃刀まとめ

 

デリケートゾーンは皮膚が薄く、体のラインもフラットではないため、自己処理が難しい部位です。

 

カミソリ負けを防ぐためにも、デリケートゾーンに適したカミソリを選びたいですね。人気のカミソリをクチコミ・レビューとともに紹介していきます。

シック ハイドロシルク トリムスタイル(ビキニライン用トリマーつき)

デリケートゾーン(アンダーヘア)のムダ毛処理にオススメのカミソリ「シック ハイドロシルク トリムスタイル(ビキニライン用トリマーつき)」

シック ハイドロシルク トリムスタイル(ビキニライン用トリマーつき)

ビキニライン用電動トリマーと敏感肌用シェーバーがついている1本2役のシェーバーです。Vラインなどを剃る機能と、ビキニラインの量や長さを調整(トリミング)する機能がついているので、これ1本でアンダーヘア処理ができます。

 

もちろんボディ用なので腕や足にも使えますよ。電動トリマーは毛をなでるだけで簡単に毛量を調整することができます。

 

ハサミでカットした時のように毛先が鋭くとがることがなく、肌へのチクチク感や下着への突き出しも軽減されるでしょう。

 

敏感肌用シェーバーは、モイスチャー美容ジェル付きの5枚刃で、デリケートな肌を守ってくれます。ウォータープルーフ設計なので浴室でも利用できますよ。

シック ハイドロシルク トリムスタイルの口コミと評判!
デリケートゾーンの処理はいままでカミソリでしていましたが、うまくできずにいて困っていました。。そんな時にこの商品に出会い、わたしはラッキーでした♪

ハサミで切るとものすごくチクチクしていたのに、これならあまりしません!簡単に量も減らせて、安くてとっても満足です!もっと早く知りたかったです!

参考サイト:Amazonシック ハイドロシルク トリムスタイル ホルダー販売ページ「レビュー」より

 

シック (Schick) ハイドロシルク ホルダー 敏感肌用 女性用 カミソリ (替刃2コ付 内1コは装着済)

デリケートゾーン(アンダーヘア)のムダ毛処理にオススメのカミソリ「シック Schick ハイドロシルク ホルダー 敏感肌用 女性用 カミソリ (替刃2コ付 内1コは装着済)」

シック ハイドロシルク ホルダー 敏感肌用 女性用 カミソリ (替刃2コ付 内1コは装着済)

「トリマーはいらないのでカミソリだけのものが欲しい」そんな方にはこちらがオススメ。水に触れると、モイスチャー美容ジェルが解け出して、優しく剃ることができます。

 

スキンガードつきの5枚刃は身体の立体的なカーブに沿って、きれいに剃れるので、肌への負担を減らしてくれます。

シック (Schick) ハイドロシルク ホルダー 敏感肌用の口コミと評判!
普通の剃刀だと剃刀負けして乾燥して痛くなるけど、これはそういうことが無いので重宝しています。剃刀の上下についている成分がソープがわりになるので何かを付けて剃る必要もなし!

参考サイト:Amazon シック ハイドロシルク ホルダー 販売ページ「レビュー」より

 

カミソリより効率よく広範囲の処理ができる電気シェーバーもオススメです。

 

ラヴィア Iラインシェーバー

デリケートゾーン(アンダーヘア)のムダ毛処理にオススメの電動シェーバー「ラヴィア Iラインシェーバー」

ラヴィア iラインシェーバー

小回りのきく小さいヘッドで、Iライン(お尻周辺)のはみ出すムダ毛を安全に処理できるアンダーヘア用シェーバーです。自己処理はもちろん脱毛の前処理にもオススメ。

ラヴィア Iラインシェーバーの口コミと評判!
今までIラインはカミソリで処理してましたが、チクチクがどーしても気になり初めて専用の処理機を購入しました。レビューを見てると完全にツルツルとまではいかない、と記載が見受けられますが丁寧に鏡を見ながら少しずつ処理をすれば触った感じはツルツルになります。

 

なにより伸びてきた感じがチクチクしないので嬉しいです!いつもはカミソリで処理しても翌日にはチクチクがすぐ出てきたのですが(成長早すぎる剛毛なので…)今は気にならないです。

 

カミソリのように皮膚に強く押し付けもしないので負担も減るかと思います。ステマのようなレビューになりましたが本当おすすめです。笑替え刃がひとつついてきましたがどれだけ持つものかわからないので少し不安ですが。

参考サイト:楽天 ラヴィア Iラインシェーバー販売ページ「レビュー」より


カミソリ(剃刀)によるデリケートゾーンの正しいムダ毛処理方法!準備、剃り方、ケアまとめ

カミソリ(剃刀)によるデリケートゾーンの正しいムダ毛処理方法!準備、剃り方、ケアまとめ

 

デリケートゾーンのカミソリ負けで悩む女性は、正しいムダ毛処理の方法を探しているかと思います。

 

と言う訳でこちらでご紹介させて頂こうと思いますが、基本的にVラインの脱毛法に関してはいくつか紹介されていますが、デリケートゾーン、すなわちVIO全体に関しての自己処理方法についてはあまり有力な情報がありませんでした。

 

このような理由から、デリケートゾーンに関しては、「処理しない人」がいたり、「脱毛に通う人」が多いのかもしれませんね。

 

ですので、今回お伝えする「デリケートゾーンの正しい処理方法」としては、他の方が実際に行っている方法を元に、ポイントとなるコツをご紹介させて頂きます。

カミソリ負けしない!デリケートゾーンのムダ毛処理の10個のコツとポイント

 

ポイント1

カミソリは100均のものではなく、当ページで紹介したデリケートゾーン用のカミソリを使用する

 

ポイント2

始めて処理する際などは、ハサミなどである程度長さをカットした後に処理を始める

 

ポイント3

乾燥した状態で剃るのを避ける為に、出来るだけ入浴後に処理をし、身体や毛を温めて柔らかくしておく

 

ポイント4

処理前に使うシェービングフォームや除毛フォームは、なるべく低刺激性のものを準備しておく

 

ポイント5

カミソリで処理する前に鏡といすを風呂場に用意し、いわゆるM字に開脚した状態で剃る

 

ポイント6

しっかりと処理する部分の周りの皮膚を抑えて、皮膚がカミソリにひっぱられないようにする

 

ポイント7

丁寧に剃り進めて、同じ箇所を何度も剃ったり、逆ぞりの回数を出来るだけ減らす

 

ポイント8

カミソリでアンダーヘアを剃り終わったらお湯やシャワーでしつこいほどしっかりと洗いながす

 

ポイント9

お湯で流した後は、毛穴を引き締める為に冷たい水で数回流す(冬季は風邪を引かない様に)

 

ポイント10

粘膜部以外で使用できそうな所に、乳液やボディクリームなどで保湿ケアをしっかりとする

 

 


「剃ると痒みや痛みが出る・・・」剃った後の肌トラブル・炎症に効果的なケア方法!〜デリケートゾーン処理後、パイパン(無毛処理)でブツブツにならない為には?〜

「剃ると痒みや痛みが出る・・・」剃った後の肌トラブル・炎症に効果的なケア方法!〜デリケートゾーン処理後、パイパン(無毛処理)でブツブツにならない為には?〜

 

デリケートゾーンのカミソリ負けからくる痒みや痛みは、剃った後すぐに症状が現れるものもあれば、中々症状が出ない場合もあります。

 

剃った後すぐに症状が出る場合は、処理中に既にカミソリで傷を付けている場合が多いのですが、時間が経ってからニキビのようなブツブツができた場合は注意が必要です。

 

デリケートゾーンの全剃り、いわゆる“パイパン”にした際に、痒みと痛みで困ったという意見も多くあるようです。

 

アンダーヘアのカミソリ処理後のブツブツって何!?治療やケア方法は?

一般的に黒く残るブツブツは皮膚の中に埋まったムダ毛の毛根部分で、カミソリ処理で剃り切らなかった毛根が見えてしまっている状態です。

 

基本的にカミソリでの処理は、毛穴から表面に出ている毛だけを取り除くため、毛穴に埋まった毛根部分までは処理できません。

 

一方、剃り残しのブツブツではなく、処理後に出きるニキビの様なブツブツは、毛嚢炎という皮膚のトラブルです。

 

赤や白、ピンクがかったものまでありますが、どれも皮膚の内部で炎症を起こしている可能性が高いでしょう。

 

特にデリケートゾーンは皮膚が薄いため肌が傷つきやすく、ショーツの中は蒸れて菌が繁殖しやすい環境です。化膿していて痒みが強い場合には、皮膚科での診察を受けてくださいね。

 

病院に行くほどでもないけれど何とかしたいという場合は、保湿などのケアをしっかりすることで症状が改善されることがあります。

 

特に剃った後の肌は乾燥して荒れやすいので、スキンバリアが乱れやすい状態です。しっかり保湿することで皮膚のトラブルを軽減できるでしょう。

 

デリケートゾーンは保湿しなくていい!?カミソリ負けに効果的な石鹸とは?

「デリケートゾーンは保湿しなくていい?!」がイメージ出来る画像01

さて、デリケートゾーンの保湿についてはあまり知られていませんが、実は、陰部に関しては、それほど処理後の保湿が他の部位に比べて必要ないと言われています。

 

なのに「保湿などのケアがしっかりと出来ていない」のが原因で、痒みや痛みが出ると言う風にお伝えさせて頂いたのには理由があります。

海外に見るデリケートゾーンのケア方法

日本ではあまりなじみがないのですが、実は海外では、ボディ用の石鹸と、デリケートゾーン用の石鹸を分けるのが主流になっています。

 

このようにするメリットとしては、デリケートゾーン専用の石鹸を使用する事で陰部に保湿効果を得られ、ムダ毛処理の際にもカミソリ負けを起こしにくいとされています。

 

と言う訳で、「しっかりとシェービングフォームを使い、新しいカミソリで剃っているのにどうしてもカミソリ負けが出来てしまう」と言う場合には、このようなデリケートゾーン専用の石鹸で丁寧に陰部を洗った後にムダ毛処理をしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

デリケートゾーン専用石鹸で黒ずみ、臭いがなくなる!?カミソリ負けにも効果的!

あまり一般的に売られていないので、知らない人も多いですが、実際にデリケートゾーン専用の石鹸が売られているので紹介させて頂きます。

デリケートゾーン専用石鹸の価格相場

価格は2000円〜5000円ぐらいまでと幅広く、石鹸にしては若干高額に感じるかもしれません。しかし、デリケートゾーンのみに使用する為、石鹸1個で約1ヶ月半〜2ヶ月は持ちます。そう考えると、それほど高くはないかもしれません。

 

デリケートゾーン専用石鹸の効果と用途

それでも通常よりは若干高額に感じてしまいますが、これらの商品はデリケートゾーンのムダ毛処理時以外にも、普段から使用する事で、あそこの黒ずみや臭いが改善する効果が期待できます。

 

生理中の不快な臭いなどにも効果があるので、ムダ毛処理時に加え、生理中や彼氏とのお泊りの際など、スポット的に使用するとより効果も実感出来るのではないでしょうか。

 

デリケートゾーン専用石鹸の紹介

ここで紹介させて頂く商品は、ネットで長く販売されているもので、効果などについてもある程度実証されています。
ロンタルハーバルジェルソープ
デリケートゾーンソープ【アムールモア】
ジャムウ・トリプル・クリアソープ

 

中でもオススメなのはロンタルハーバルジェルソープで、1本で2か月間デリケートゾーンのケアが出来る上に、固形の石鹸タイプとは違ったチューブジェルタイプなので、使いやすくて旅行など急な外出時にも持って行く事が出来ます。

 

「デリケートゾーン専用の石鹸について!」がイメージ出来る画像01

 

デリケートゾーン専用石鹸の詳細はこちら!


肌が弱くなければデリケートゾーン専用の除毛剤や脱毛クリームでのムダ毛処理もOK!?

肌が弱くなければデリケートゾーン専用の除毛剤や脱毛クリームでのムダ毛処理もOK!?

 

カミソリが肌を傷める行為である事は、他記事でもしつこくお伝えさせて頂いておりますが、除毛クリームや脱毛クリームも薬剤なので、肌に負担はかかります。

 

特に肌が弱い敏感肌の人にとっては、薬剤によっては合う合わないがあるかと思います。

 

尚、基本的に足やワキに使用する除毛クリームはデリケートゾーン(VIO)に使用出来ない事がほとんどです。

 

ですので、こちらではデリケートゾーン専用の除毛クリームや脱毛クリームを紹介させて頂きます。

 

どうしてもカミソリ負けを何度も起こす場合で、あなたが敏感肌でないようなら試してみてもいいかもしれません。

※使用の際には、部分的に使用して、肌トラブルが出ないかテストされる事をオススメします。

 

美白効果満足度、肌荒れ改善満足度90%超えの「ケースベールリムーバー」

 

ネットで話題のケースベールリムーバーは、

美白効果満足度97%
保湿効果満足度96%
肌荒れ改善満足度93%

と、購入者の満足度が非常に高い除毛クリームとして人気です。

 

ケースベールリムーバーはSNSでも口コミ評価が高い脱毛クリームです。

 

市販の安い脱毛クリームや除毛クリームだと、肌荒れや赤みがでたり、ヒリヒリ感が強いと言う口コミもよく聞きます。

 

ドラッグストアなどでもデリケートゾーンに対応している除毛剤が中々見つからないので、ネットからこういった商品を試してみるのもオススメです。

 

ケースベールリムーバーの詳細はこちら

 

ラブリーゾーン ヘアリムーバー(ビキニライン専用除毛剤)

こちらはAmazonで2500円程で販売されている安価な商品ですが、レビューを見てみるとそれほど悪くない為、試してみる価値はあるかと思います。

デリケートゾーン専用石鹸の詳細はこちら!

ラブリーゾーン ヘアリムーバー(ビキニライン専用除毛剤)

≪ラブリーゾーン ヘアリムーバー(ビキニライン専用除毛剤)の口コミ≫

デリケートゾーンに使用しました。染みたりせず かゆくなったりもせず 肌に優しい商品でした。 使用前にあらかじめ短くしておいた為か とてもきれいに除毛できました。 匂いは除毛クリーム特有の香りが 軽度に感じられます。
まったく痛くなく、キレイにごっそり毛が抜けます!カミソリなどで剃ると痛いし、残った毛がチクチクしたりしますが、ゴッソリ抜けますのでその心配もありません。

 

根本から抜けますので、次のが生えてくるまでにかなり時間がかかります。最初の1回では抜け切らない隠れている毛もありますので、日にちをあけて2度、3度とやれば、完全に抜けます。

 

ただ、けっこう量を使わないと抜けないみたいで、自分は一回除毛するのに商品の半分の量は使いました。

 

毛が全体的に、除毛剤で隠れるくらいビッシリと塗らないと抜けませんので、コチラの商品を試して「全然抜けなかった!」という方がいらっしゃたら一度、とにかく量を使ってみてください。

 

半分使えば必ず抜けます!指先にちょっと出しただけでは、うんともすんとも言いません。

Iゾーンは左右に分けて処理した方が粘膜に付着せず行えました。
月経時の不快感もかなり軽減。かなり太い毛はすぐに生えてチクチクしましたが・・・。

参考サイト:Amazonラブリーゾーン販売ページ「レビュー」より


デリケートゾーンの自己処理のリスクとトラブルについて!

デリケートゾーンのカミソリ負けまとめ!自己処理のリスクとトラブルについて!

 

デリケートゾーンの自己処理にはトラブルがつきもの。多部位に比べて処理が難しいと感じている人も多いのではないでしょうか?

 

なぜアンダーヘアは他の部位より自己処理のリスクが高いのか?

アンダーヘアの自己処理に関しては、他の部位と違ってかなりリスクが高いと言われています。その理由としては、

カミソリなどで傷がつくと炎症など悪化しやすい
肌ダメージと菌の増殖により、ブツブツ(毛嚢炎)ができやすい
下着の摩擦により、色素沈着や黒ずみになりやすい
毛が濃いので、チクチク痒みが出やすい
パートナーとの性行為の際に支障をきたしやすい

などが一般的に言われています。

 

自己処理をすればするほど、上記のリスクは高くなり、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

ここまでデリケートゾーンにオススメのカミソリや、オススメの処理方法として除毛クリームなども紹介させて頂きました。

 

ですが、しっかりと準備をし、注意しながら自己処理をしたとしても、自分で処理する以上こういった肌トラブルやリスクは避けられませんので、ムダ毛は根本から無くすのが一番の方法だと言えそうです・・・。


デリケートゾーンのカミソリ負けまとめ!根本的に改善するには?

「デリケートゾーンのカミソリ負けまとめ!根本的に改善するには?」がイメージ出来る画像01

 

彼氏との遊び心からデリケートゾーンの処理を始めた人も、生理中の不快感から処理を始めた人も、一度処理をしてしまうと濃くなってしまう事もあり、一生デリケートゾーンのムダ毛処理をしなければならなくなります。

 

そう考えるとやはり、根本的にカミソリ負けを改善するには脱毛に通うのが絶対にオススメです。実際にデリケートゾーンのムダ毛処理や黒ずみに悩んでいた人も、「脱毛に通う事で驚く程綺麗になった」と言う女性も少なくありません。

 

自己処理をすればする程リスクは高くなるので、出来るだけ早めに脱毛に通い始めるのが得策と言えます。

 

恥ずかしさから躊躇する人もいますが、今では利用する人も増えた事で沢山の人が施術している為、施術スタッフも慣れています。気にせずに脱毛サロンや医療クリニックでキレイに処理してもらいましょう。

デリケートゾーンの脱毛が100円からできる!?ミュゼプラチナムをおすすめする理由

 

Vラインの脱毛なら100円からできる!?ミュゼプラチナムをおすすめする理由

 

デリケートゾーンの脱毛って高そう!試してみたいけれど、怖いし恥ずかしい・・・。そんな風に悩んでいませんか?

 

実は大手脱毛サロンミュゼでは100円から脱毛ができるキャンペーンを実施中です。

 

現在は両ワキ・Vラインと全身脱毛初回分を合わせて、なんと150円!というさらにお得なキャンペーンがスタートしています。両ワキとVラインは何回施術してもOK!通い放題プランです。

 

ミュゼではフラッシュ脱毛といって、光をあてることで毛根から脱毛します。クリニックでのレーザー脱毛に比べて、比較的安価なため人気が高い脱毛法です。

 

当サイト編集部で、ミュゼで脱毛した人に実際にアンケートを取った結果、ほぼ全員が満足したと回答しています。

 

ミュゼの口コミを調べてみると、

 

「店舗が多くて通いやすい」
「Vラインのみの脱毛なら業界最安値だった」
「自己処理のストレスから解放された」
「勧誘されるか心配だったけれど、説明のみで安心できた」
「紙パンツで隠しながらの施術で、恥ずかしくなかった」

 

などの意見があり、ミュゼを選択する人は増えています。特にデリケートゾーンの施術は丁寧だと定評があります。

 

いわゆる”すっぽんぽん”の状態で施術する脱毛サロンもある中、ミュゼでは使い捨ての紙パンツを少しずつ指で動かしながら照射しますので、下半身が丸見えになる心配はありません。

 

脱毛初心者には不安な点かと思いますので、紙ショーツがある脱毛サロンは安心感がありますね。

 

当サイト編集部スタッフもVライン脱毛で効果を実感しており、自己処理で悩んでいた肌トラブルが解消されたと満足しています。

 

ミュゼでは無料カウンセリングもやっているので、気になる方は相談してみてくださいね。

 

Vラインやデリケートゾーンの脱毛ならミュゼがオススメ!

 

理想的なデリケートゾーン(アンダーヘア)にするならVIO脱毛がおすすめ?

Vラインだけではなく、デリケートゾーン全体をきれいにしたいなら、VIO脱毛がおすすめです。

 

はじめはVラインだけと思っていても、後々I・Oラインが気になってくるものです。どうせなら1度にまとめて施術したほうが手間も時間も節約できて、料金的にもお得です。

 

以下にVIO脱毛で人気の脱毛サロンと医療クリニックについて、安くてオススメの脱毛店とおさえておきたいポイントを紹介させて頂きます。

 

興味がある方は無料カウンセリングやお試し照射だけでも受けに行ってみてはいかがでしょうか。

デリケートゾーン(アンダーヘア)の脱毛で人気のエステサロンとVIO脱毛の価格!

 

VIO脱毛するなら脱毛サロンヴィトゥレもオススメ
VIO脱毛するなら脱毛サロンエピレもオススメ

 

VIO脱毛するなら脱毛サロンプリートもオススメ

 

VIO脱毛するなら脱毛ミュゼプラチナムもオススメ

 

デリケートゾーン(アンダーヘア)の脱毛で人気の医療クリニックとVIO脱毛の価格!

 

「VIO脱毛するならオススメの医療レーザー脱毛クリニック湘南美容外科」がイメージできる画像

 

「VIO脱毛するならオススメの医療レーザー脱毛クリニックアリシアクリニック」がイメージできる画像

 

VIO脱毛するならオススメの医療レーザー脱毛レジーナクリニック

 

「VIO脱毛するならオススメの医療レーザー脱毛クリニックリゼクリニック」がイメージできる画像


【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

赤みを作る原因と5つのポイント
カミソリ負けの赤みを防ぐ”絶対に知っておくべき7つのポイント”をご紹介。また、赤みになる原因と、なった時の予防法、治らない時の対策などもまとめています。
痒みが出た場合の対処法と薬
女性でも多いカミソリ負け、毛深い(剛毛)の人からすると、毎回なる人もいるそうです。当記事ではカミソリ(剃刀)負けでかゆみが出た場合の対処法と、オススメの薬などを紹介していきます。
Vラインのカミソリ負け5つの対策
Vラインのカミソリ負け(赤み)の原因と対処法を分かりやすく解説。赤いポツポツや炎症が起きて痒みが治まらない人は必見。Vラインの悩みを今すぐ解決してください。
顔のカミソリ負けの対処と予防
女性でも多い、顔のカミソリ(剃刀)負けについて、対処法や、予防法、市販の薬などをご紹介しています。毛深い女性なら知っておきたい顔そりの方法や、女性用剃刀の紹介なども♪
剃刀負けを悪化させない為には?
女性が日常的に行うカミソリでのムダ毛処理、ちょっとした原因と剃刀負けを起こしてしまい悪化した為に跡が残る事も・・・。そんな剃刀負けで悩む女性へ向けて、悪化しない為の方法や、完治させる方法、再発を防ぐためにはどうすればいいか?をまとめてみました。
足のカミソリ負けの対処と予防
剃りやすい為、足のムダ毛処理はカミソリでやっている女性も多いとか・・・。しかし間違った処理をしていると、広範囲にカミソリ負けしてしまう事もあります。普段から出来る予防法や対処法、チクチクしない為の正しい剃り方を紹介していきます。