【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

「ミュゼは予約が取れないの?」がイメージ出来る画像01
「ミュゼプラチナムの口コミ体験談」がイメージ出来る画像01

「全身脱毛が安い医療脱毛特集」がイメージ出来る画像01
「全身脱毛が安い脱毛サロン特集」がイメージ出来る画像01

埋もれ毛が出来た時の処理や対処は?

埋もれ毛でショックを受けている女性を想像出来るイメージ画像01

 

ムダ毛の自己処理や、家庭用脱毛器でのムダ毛処理のトラブルとして多い埋もれ毛(埋没毛)。

「埋もれ毛が出来た時はほじって抜いても大丈夫?」
「埋没毛は抜いた方が良いの?それとも抜いたらだめなの?」
「埋もれ毛が出来た時の正しい対処法が分からない・・・」

毛の1本1本が太くて濃い、剛毛女子に多いこれらの疑問、もしかするとあなたも同じような悩みを持っているのではないでしょうか?埋もれ毛は対処を間違えるとどんどん増えてしまったり、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

 

まずはしっかりと埋もれ毛になる原因と、予防法についての知識を深めてください。その後悪化しない方法や、既に出来てしまっている場合の治し方も併せてご覧頂くと、悩みも解決するのではないかと思います。

埋もれ毛(埋没毛)の原因と予防法について

基本的に埋もれ毛(埋没毛)の原因は、ムダ毛の自己処理により、皮膚が傷つき、毛穴がふさがってしまう事で起こります。毛抜きや家庭用脱毛器で強く毛を引っ張ると、途中で毛が切れるだけでなく、皮膚が傷つき炎症を起こす事でかさぶたが出来ます。このかさぶたがその後の毛の成長をさえぎり、皮膚の中で毛が埋もれてしまうのです。

 

「毛抜きやカミソリで膝の毛を処理した場合に起こる埋没毛」がイメージ出来る画像03

 

また、基本的な埋もれ毛(埋没毛)の予防法としては、無理な自己処理をしない事としっかりと保湿をする事が大事です。まずは、今後埋もれ毛を作らないように、原因と予防法をしってすぐに対処していくべきです。

≪埋もれ毛の原因と予防まとめ≫
・毛抜きで無理に引っ張って抜くと埋もれ毛になりやすい
・カミソリで何度も同じ個所を剃ったり、肌が傷つくと、埋没毛になりやすい
・家庭用脱毛器も過剰に使用したり、安価なものを使用すると原因になる恐れもある
・予防法としては、上記の自己処理を行わない事が重要
・自己処理後にしっかりと保湿をする事である程度は埋没毛を防ぐ事が出来る


出来てしまった埋もれ毛対策!抜く方良い?抜かない方が良い?

埋もれ毛(埋没毛)の原因と予防法については、前述の通りですが、出来てしまった埋もれ毛(埋没毛)については、適切に対処しないと更に悪化させてしまうおそれがあるので注意してください。

埋もれ毛が出来た場合抜く方が良いか?抜かない方が良いか?

大手掲示板などを見ると、「ピンセットやカッターでほじくり出す方が良い」と書かれている場合があり、実際にどうすればいいか?迷う人も多いようです。

 

本当の所どちらが良いかと言うと、コレ以上肌にダメージを与えない為に、しばらくムダ毛処理をやめて、自然に出てくるのを待つべきです。その間もしっかりと優しく入浴の際に患部を洗ってあげたり、入浴後しっかりと保湿してあげる事が、埋もれ毛を自然に出す為にはかかせません。

これ以上埋没毛が悪化しない為に!

上記より、基本的に自然に出てくるのを待つ方が良いのですが、部位によっては、人の目によく触れる場所もあります。その場合、どうしても気になって、ピンセットなどでつまみだす場合は、それ以上悪化しない為に最低限下記の手順は踏むようにして下さい。

≪埋もれ毛を悪化させない為にする事≫
・抜き出す前に、しっかりと肌を蒸らして柔らかくする(入浴後などがオススメ)
・抜き出す際に使うピンセットを消毒しておく
・無理に引っ張らずにゆっくりと力を加えながらひっぱりだす
・処理後はしっかりと刺激性の少ないもので保湿する

埋もれ毛を治すにはどうすればいいの?効果のある薬は?

基本的に出来てしまった埋もれ毛に対しては、どのように治療すれば早く解消するのかをお伝えさせて頂きます。前項でも説明させて頂きましたが、基本的に悪化させない為にムダ毛処理を一旦休止するのが一番良いのですが、やはりそれだけでは中々治らないでしょう。

 

その場合、一般的に埋もれ毛(埋没毛)の治し方として良いとされているのが、

「角質を落とすタイプのスクラブで洗い、その後、肌を柔らかくする保湿剤を使用する」

のが良いとされていて、実際にこの方法で簡単に埋もれ毛が解消したと言う口コミ多数あります。ちなみにボディスクラブでも善し悪しがあるので、参考になるURLを添付しておきます。出来ればチェックしてみてください。

>>>@コスメのボディスクラブランキング

根本的に埋もれ毛を作らない為には脱毛がオススメ!

他の記事でも何度も記載していますが、基本的に毛抜き、カミソリでの自己処理は”確実に肌を傷める行為”に当たります。そう考えた時には、やはり埋もれ毛を根本的に改善する必要があり、その方法としてオススメなのが脱毛になります。

脱毛サロンで埋もれ毛が解消する?

一般的にミュゼプラチナムなどの脱毛サロンでは、埋もれ毛は改善しないと言われています。施術スタッフに聞いた所、前項で紹介した≪スクラブで洗い、保湿をしっかりする≫と言う対処が一番効果的だと言う事でした。

 

しかし実際にミュゼプラチナムなどの脱毛サロンで埋もれ毛(埋没毛)が改善したと言う声も多数聞きます。恐らくこれは、脱毛に通っていると次第に自己処理の回数が減る事から、自然と埋没毛が解消していくものではないかと言われています。

クリニックでの医療レーザー脱毛で埋もれ毛が解消する?

ちなみに医療レーザー脱毛では、埋もれ毛は確実に解消すると言われています。これはレーザー光線は皮膚を通過するので、埋没毛も自然と出てくると言う事です。ちなみに、最初の頃は、他の毛に比べて埋もれ毛は出てこないので抜け落ちませんが、通い続けていると出てくるようです。

 

また、医療レーザー脱毛の場合は、万が一埋もれ毛が残ってしまっている場合でも医師に相談する事で適切な対処を取ってもらえる事があります。そう考えると、やはり医療レーザーで永久脱毛してもらう方が、根本的な改善につながるのではないかと思います。

埋もれ毛の対処や処理方法まとめ!

さて、ここまで原因や予防法、対処や処理方法などを紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?もしかすると上記の原因などに心あたりがあり、「これから気をつけて自己処理をしよう」と思ってもらえたかもしれません。

埋もれ毛の原因・予防・悪化防止・治し方に重要な12個のポイント!

最後に、ここまでの原因や対処をまとめましたので、こちらを再度確認し、≪今後埋没毛にならない為にどうすればいいか?≫を見つめ直してもらえればと思います。

 

1.<原因>毛抜きで無理に引っ張って脱毛している

 

2.<原因>カミソリで何度も同じ箇所を剃っている

 

3.<原因>安価で抜くタイプの家庭用脱毛器を使用している

 

4.<予防>上記1〜3の自己処理はなるべく控えるようにする

 

5.<予防>自己処理後はしっかりと保湿をかかさずにする

 

6.<悪化防止>出来れば、しばらく自己処理でのムダ毛処理を休止する

 

7.<悪化防止>抜き出す時に使うピンセットは必ず消毒してから使用する

 

8.<悪化防止>とりだす時も無理に引っ張らずに、ゆっくりと力を加えて引き抜く

 

9.<悪化防止>抜き出した後は、しっかりと刺激性の少ない乳液などで保湿する

 

10.<治し方>ボディスクラブで洗い、その後肌を柔らかくする保湿剤を使用する

 

11.<治し方>脱毛サロンに通い、徐々に自己処理の回数を減らし改善していく

 

12.<治し方>レーザー脱毛で現在の埋没毛を取り除kと同時に根本から改善する

【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

毛深いのは遺伝が原因?
毛深いのは遺伝が原因か?またそれ以外の理由は?毛深い人が悩むこれらの疑問について調査した結果と、悩んでいる人へ向けて毛深さを抑える方法、治す方法をご紹介していきます。
女なのに毛深い意外な原因と対処
毛深い悩みを持つ女性へ、遺伝以外の意外な原因と対処法などをご紹介しています。女性ホルモンのバランスがチェック出来る厳選サイトも掲載しております。
毛深い女性の背中脱毛
毛深い女性が気になる背中の毛の脱毛やムダ毛処理方法について、正しい処理の仕方や、脱毛の種類、それぞれのメリット、デメリットをご紹介させて頂いております。
正しい足のムダ毛処理5STEP
足が毛深いと悩む女性に向けて正しいムダ毛処理の知識と、自己処理の方法などをステップ毎に分けて分かりやすく説明しています。この5つのステップをしっかりと実践すると、今後足が毛深い悩みも解消するかも・・・
顔の産毛処理前に見るべきサイト
毛深いと悩む女性の為の顔のムダ毛処理方法をご紹介。毛深くなりそうで剃れない・・・そんな悩みを持つ人もきっと顔のムダ毛処理をしたくなる!そんな情報をお届けします。
お腹が毛深い女性の真理と対策
毛深いと悩む女性が気になる、お腹のムダ毛処理や、男性からの気になるムダ毛部位に関する意見などをご紹介。正しいムダ毛処理方法を知って、しっかりとケアしてください。
男性から見た毛深い女性の印象
毛が濃いと悩む女性は多く、「女なのに毛が濃いのは何故?」、「お腹や背中が毛深いのは異常?」なんて不安を抱えているようなので、こちらについて詳しく紹介しております。毛が濃い原因やムダ毛処理方法のまとめ記事です。
うなじのうぶ毛処理とケア方法
うなぎが濃くてアップが出来ない・・・そんな悩みをお持ちなら!一般的に産毛は処理するものか?毛が濃い剛毛女子の場合脱毛するべき?など気になる疑問やケア方法、正しい産毛の剃り方についてご紹介していきます。
鼻の下の産毛に悩む女性は必見
鼻の下の産毛が男性並みに濃くて悩んでいる・・・そんな毛深い女性にオススメの産毛処理方法や、メリット、デメリットなどをお伝えしていきます。鼻の下のムダ毛に悩む女性は是非ご一読下さい。
指毛処理に役立つポイント6選
女性の中でも特に足の指や手の指が濃くて悩む人も多いようです。当記事では、「指毛はみんな剃ってるのか?」、「指毛の黒ずみの予防やケア方法は?」など、気になる疑問を解決していきます。指毛の処理お悩みなら是非一度ご覧下さいね。
お尻の毛の処理はどうしてる?
お尻の毛が濃いと悩む女性に向けて、処理の方法や、他の女性はどう言った方法で処理しているのか?等を調査してまとめています。普段お尻や肛門周辺のムダ毛で悩んでいる方は是非参考にしてもらえればと思います。
ムダ毛処理後の対策とポイント!
ムダ毛処理後、予期せぬチクチクや赤いポツポツに悩まされる女性は多いいようです。ムダ毛処理後のかゆみや赤みを抑える薬や、チクチク、ボツボツにならない為のムダ毛処理方法などをご紹介していきます。
膝の毛の処理はどうしてる?
膝の毛の処理に悩む女性は多く、その処理方法や脱毛方法についてはあまり知られていません。そこで、実際に多数の女性はどのように処理をしているか?正しい脱毛方法は?等をまとめてみました。是非悩まされている方はご一読下さい。