【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

「ミュゼは予約が取れないの?」がイメージ出来る画像01
「ミュゼプラチナムの口コミ体験談」がイメージ出来る画像01

「全身脱毛が安い医療脱毛特集」がイメージ出来る画像01
「全身脱毛が安い脱毛サロン特集」がイメージ出来る画像01

女性の下の毛の処理について!濃いと悩む女性に役立つ情報

「女性の下の毛の処理方法」がイメージ出来る画像02

「下の毛が濃いんだけど処理ってした方がいいのかな・・・」、「下の毛が剛毛で悩んでいるんだけど良い処理方法はないかな・・・」とあなたは悩んでいるのではないでしょうか?

 

恥ずかしくてあまり人に相談出来ない事もあり、何となく自分の思いつきで自己処理を始めたものの何かしっくりこない・・・そんな事を考えている女性は多いようです。間違ったムダ毛処理を続けた結果、

「処理したあとかゆくてたまらない・・・」
「彼氏とのエッチの時にチクチクすると言われた・・・」
「下の毛が更に濃くなって範囲も広くなった・・・」

と言う意見も多く、出来ればこのような悩みは今後なくしたい所だと思います。そこで当記事では、≪正しい下の毛の処理方法≫について説明していきます。・・・とその前に、実際の所、下の毛の濃い女性は男性からはどのように思われているのでしょうか?


男性から見た”下の毛が濃い女性”の印象について!

「男性から見た”下の毛が濃い女性”の印象について!」がイメージ出来る画像03

 

下の毛が濃い剛毛女子にとって、彼氏とのエッチ前の準備は大変なもの・・・直前に剃らないとチクチクすると言われるし、剃り忘れると剛毛なのがバレてしまう・・・では、実際に男性はどう思っているか見てみましょう。

実は意外に多い男性の剛毛フェチ

実は以前「毛深い女性の悩み!お腹のムダ毛処理の方法【※男性は気になる?】」でも説明させて頂きましたが、男性は意外とそれほど気にしていなかったりします。

「足の毛のチクチクは嫌だけど下の毛は濃くて良い」
「セックスの最中は表情や体を見るので毛の濃さは見ていない」
「下の毛が濃い方が情が深いと聞いた事もあり歓迎」
「毛深い女性は、エッチだと聞いた事があるので気にしない」
「下の毛がツルツルの方が前の男性の影を感じて引いてしまう」

 

と言う意見があった事から、それほど下の毛が濃い事に気にならないようです。一方、中にはこんな意見も・・・

「行為の時に下の毛の処理忘れかチクチクしていて冷めた」
「パンツからはみ出ている下の毛を見て萎えた」
「自分より剛毛だった彼女の下の毛・・・処理してほしいと思った」

こう見ると、「それほど過剰に気にする事はないが出来ればやりすぎない程度に処理している方が良い」のではないかと思います。


女性の濃い下の毛の処理方法!自己処理はこんなに危険?!

「女性の濃い下の毛の処理方法!自己処理はこんなに危険?!!」がイメージ出来る画像03

 

最近では脱毛サロンの価格が下がり、下の毛の処理を脱毛サロンに任せている人も多くなってきた中、まだまだカミソリや毛抜きで自己処理をしている女性も多いようです。ただカミソリや毛抜きで処理を繰り返していると取り返しのつかない事になる恐れも・・・

カミソリや毛抜きでの処理のデメリットと肌トラブル

基本的にカミソリや毛抜きでの自己処理は肌に大きな負担をかけてしまうだけでなく最悪見た目にも汚い状態になります。考えられるトラブルとして、

数日間痒みが止まらず生活に支障をきたす
カミソリで傷つけられ、肌の防衛本能が高まり毛が濃くなる
毛抜きで毛穴に負担をかけて埋没毛をつくる
カミソリにより細かい傷がつき、色素沈着で肌が黒くなる
毛抜きにより引っ張られた毛穴が鳥肌のようになり手触りもザラザラ

と言う風になる恐れもあります。特に下の毛の処理に関してビキニラインは色素沈着などを起こしてしまうと、夏場海などに行く時にも黒ずんだビキニラインを彼氏や友達に見られる可能性も出てくるので注意が必要です。


どうしても下の毛を自己処理する場合の正しい脱毛方法!

「どうしても下の毛を自己処理する場合の正しい脱毛方法!」がイメージ出来る画像03

 

基本的に下の毛の処理をした後にチクチクとした痒みが出るのは、「カミソリやはさみでの処理で毛の先がとがってしまう為」に起こります。通常毛は生える方向に向かって先が細くなっています。この細くなった先をカミソリなどで切り落とすので断面が尖ってしまい、それが痒みの原因になるのです。ではどうすれば毛の先をとがらせずに処理出来るかというと・・・

チクチクした痒みを無くす処理方法

せっかくがんばって処理したのに、彼氏に「チクチクする」なんて言われた日には、恥ずかしいあまり今後裸になるのも億劫になります。そこでチクチクしないような処理の方法を見て行きましょう。

下の毛の処理専用のカッターを利用する

市販されているもので言うと、下の毛の処理について、「ヒートカッター」と言うものがあります。

「下の毛の処理専用のカッター」がイメージ出来る画像01

これは、パナソニックのフェリエのような電動シェーバーの形状をしていますが、実際は「電熱線が発熱して毛を手入れが出来る」ので、先がとがらず丸まった状態になります。その為、処理後のチクチクを防げます。

⇒ヒートカッターについてはコチラ

 

下の毛にも使える除毛クリームを使う

次に紹介する、下の毛の処理方法について、Vラインなどの敏感肌にも使える除毛クリームもオススメです。

「下の毛の処理専用のカッター」がイメージ出来る画像01

除毛クリームも「毛を溶かす」為、基本的に毛の先がとがる事がありません。ただ、どれほど敏感肌に使える除毛クリームでも使用には個人差があるので、使う場合は事前にパッチテストなどをされる事をオススメします。

 

尚、除毛クリームも「Vライン使用OK」や、「下の毛の処理もOK」などの表示がないと、かぶれてしまったり荒れてしまう事もあるので、念の為購入する前には表示も確認するようにしてくださいね。

 

⇒アンダーヘアにも使える除毛クリームについてはコチラ

 

 

出来るだけお金や手間をかけずT字カミソリや毛抜きで処理したい気持ちは凄くわかります。しかし下の毛はデリケートな部分の為、肌トラブルも起きやすく、万が一黒ずみなどが目立つようになってしまってはもう手遅れです・・・。

 

多少お金をかけてでも、上記のような専用のカッターや除毛クリームを購入される事をオススメします。


女性の下の毛の処理、最適な手入れ方法は?

「女性の下の毛の処理、最適な手入れ方法は?!」がイメージ出来る画像03

 

さて、ここまで≪女性の下の毛の処理方法≫について紹介させて頂きましたが、本当に最適な手入れの仕方としては、1番良いのが≪病院での医療レーザー脱毛≫、次にオススメなのが≪脱毛サロンでのフラッシュ脱毛≫になります。

 

やはりデリケートな部分なので、プロに手入れしてもらうのが一番肌にも負担が少なく綺麗な仕上がりになります。

 

ここ最近注目を浴び始めたVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)は、ビキニラインだけでなく、女性器周辺やお尻(肛門)周辺の毛まで処理する事となる為、始めて脱毛に通うのであればそこまでする必要はないかと思います。

 

Vラインのみの脱毛であれば『VIO脱毛が安い医療クリニック&脱毛サロン!≪2016年最新版≫』で紹介している脱毛サロンをチェックすると、月によっては1000円以下のキャンペーンを実施しているので一度チェックしてみてください。

 

お金がない人にもオススメ!下の毛の最適な処理方法

そこでオススメなのが、「格安な脱毛サロンでVライン(ビキニライン)を処理してもらい、普段はヒートカッターなどで処理する」方法です。

 

Vラインのみであれば脱毛サロンでも1000円以下で通い放題のプランを実施している所が多数ありますし、ヒートカッターならそれほど高価ではありません。

もし仕上がりにどうしても満足いかない場合は、VIO脱毛等も検討出来ますし、まずはカミソリや毛抜きでの処理をやめて、こういった方法での処理に少しずつ変えて行くのが、今後下の毛の悩みから解放される第一歩になるかと思います。

 

※各サロンのキャンペーンを利用するとVラインもお得に処理出来ます!

>>VIO脱毛が安い医療クリニック&脱毛サロン!≪2016年最新版≫<<


【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

剛毛でもエステ脱毛は効果ある?
剛毛で悩む人が実際に体験した医療脱毛や脱毛サロンでのムダ毛処理について、最新の情報をお届けしています。2016年現在のムダ毛処理状況や、これからあなたが始めるべき脱毛について、この記事を読めばすぐに理解出来るはずです。
医療脱毛がオススメな10の理由
毛深くて悩む剛毛女子にとって、将来的にツルスベ肌を手に入れたいなら避けては通れない医療レーザー脱毛。最新の医療脱毛事情や料金、その効果についてを知る事で、これからあなたがするべきムダ毛処理の方法が分かります♪
ミュゼは剛毛でも効果ある?
脱毛サロンで人気No,1のミュゼプラチナムですが、剛毛女子にも効果があるのかどうかを調査しました。ミュゼで脱毛すべき理由と、行かない方が良い理由とは?
毛の自己処理のリスクと28のコツ
毛深い、毛が濃い事でお悩みの剛毛女子なら知っておきたい毛の処理についてのリスクや正しい処理方法のコツやポイントなどを分かりやすくご紹介しています。
毛抜き脱毛!痛くない方法は?
自己処理で行う毛抜きでの脱毛について痛くない方法などをご紹介。特に剛毛女子には知って置いてもらいたい毛抜きでの自己処理のトラブルやリスクなども丁寧に説明していきます。
肌が弱い剛毛女子の脱毛法は?
毛深くて悩む剛毛女子の中でも、特に肌が弱い人は自己処理の苦労も人一倍・・・。そんな肌が弱くて毛深い人に向けて、オススメの脱毛方法や、正しいムダ毛処理に関する知識をお伝えしていきます。
濃い襟足の処理方法と脱毛
「襟足(えりあし)や項(うなじ)の毛が濃くて処理に困っている・・・」そんな女性が多いようです。そこで当記事では、うなじが毛深い剛毛女子に向けて、襟足処理の方法や脱毛についての最新情報をまとめております。是非参考にしてくださいね。