【最新更新情報!】みんなが読んでる人気の記事はコチラ!

今すぐ知っておくべき、毛抜きでの正しい脱毛方法とリスク

毛抜きでの脱毛がイメージ出来る画像02

 

ムダ毛処理に毛抜きを使っている女性は多いですが、そのほとんどの人が以下のような悩みを抱えています。

「毎回痛いし赤くなる・・・毛抜きでの処理の仕方ってこれであってるのかな・・・」
「毛抜きで自己処理をしているけど毛穴は広がったりしないかな・・・」
「毛抜きでのムダ毛処理で引っ張られた皮膚が盛り上がりボツボツと残っている・・・」

あなたも同じような悩みを抱えて、日々ムダ毛処理をしているかもしれませんね。

 

ムダ毛処理を自分でしている女性のほとんどはカミソリか毛抜きを使っています。しかし、カミソリだと剃り残しが気になるし、≪色素沈着≫が心配。かと行って毛抜きだと、毛穴が広がったり、引っ張った時に切れた毛が肌の中に埋まる≪埋没毛≫の恐れがある・・・。

 

何となく自己処理に限界を感じているものの、お金の面や気持の面で脱毛には通えないと悩んでいる人も多いようです。そこで、当記事では、毛抜きでの脱毛方法について、≪出来るだけ痛くない毛抜きでの脱毛方法≫や、≪毛抜きでの脱毛でやってはいけないNGポイント≫などをまとめております。

 

「将来的にはサロンやクリニックでの脱毛を考えているけど今すぐは無理!」そんなあなたは是非最後まで読み進めて下さいね。


毛抜きでの脱毛によるデメリットやトラブルについて

「毛抜きでの脱毛によるデメリットやトラブルについて」がイメージ出来る画像04

 

毛抜きでのムダ毛処理は、自宅で気軽に出来て、毛抜きさえあれば出来ると言うメリットがあり、この処理方法を選んでいる人は少なくありません。しかし、毛抜きで処理をする際のメリットやトラブルをしっかりと理解した上で、今後は出来るだけ負担のないような処理方法を行っていくのが将来的にはベストです。

知っておきたい毛抜きでの肌トラブル

あなたも下記のような症状になっていないでしょうか?もし心当たりがあるなら早急に改善すべきなので、まずはしっかりとチェックしてみてください。

肌が鳥の肌のようにボツボツになっている

毛抜きでの自己処理を続けていると、いつの間にか鳥の肌のようにボツボツとしている事に気づきます。これは、毛抜きにより、皮膚が引っ張られて飛びだして来ている状態です。また、強く勢いよく引っ張る事で毛穴も開き、その開いた毛穴が目立って鳥の肌のように見える事もあります。いずれにしても、引き抜き方に注意する事がすぐに出来る改善法となります。

埋没毛で抜いた後黒い点(ポツポツ)が残っている

毛を引っ張って抜くときに毛根から抜けずに切れてしまう事はないでしょうか?この切れた毛が肌の中に埋まってしまう場合があり、これが埋没毛であり、黒いポツポツの原因でもあります。毛抜きでの処理は肌に一番負担がかかると言われていて、抜いた毛穴にかさぶたが出来て、毛穴を防いでしまう場合があります。この時に切れて残った皮膚の中の毛が地上に出る事なく、肌の中に埋まって黒いポツポツとして見えてしまうのです。

赤茶色いシミのような後が残っている

何度も言うように毛抜きでの自己処理は毛穴と肌に大きな負担がかかります。その為、引き抜いた時に目に見えないぐらいの小さな出血がおこり、この出血したものが小さなシミとなり跡として残る場合があります。

 

 

上記以外にも毛抜きでの脱毛は様々な皮膚トラブル、肌トラブルのリスクを伴います。しっかりと知識を深めて、出来るだけ負担の少ない方法で行うようにし、将来的には毛抜きでの処理はやめる方向で考えましょう。

 

※ただ、自己処理を続けると危険なのは理解しておいた方が良いかと思います!

⇒参考記事:「むだ毛の自己処理は本当に危険!【※今すぐやめるべき7つの理由!】


毛抜きでの脱毛、痛くない抜き方と準備するものは?

「女性のワキ毛処理、知っておきたい5つのポイント?」がイメージ出来る画像04

 

前述のトラブルを確認しても、「しばらくは毛抜きでの自己処理をするしかないから、出来るだけ痛くない方法を知りたい」とあなたも思っているかもしれません。そこでここからは、毛抜きでの脱毛で≪出来るだけ痛くなく、負担が少ない方法≫をご紹介させて頂こうと思います。

痛みが軽減する正しい毛抜きの方法

特に毛が濃い、または太いと悩む剛毛女性にとっては、通常の毛質の人よりも肌への負担が一層強くなります。ですので、面倒でも処理をするときはしっかりと下記の準備をして行う事をオススメします。

正しい毛抜きでの脱毛方法〜準備編〜

まずは、しっかりとムダ毛処理を行う前に下記の物を準備してください。

サランラップ
蒸しタオル
毛抜き
コットン
保湿クリームor乳液

 

※蒸しタオルの作り方は下記の手順を参考にしてください。
≪2分で完了!蒸しタオルの作り方≫

  1. タオルをくるむ為のサランラップを広げておく
  2. タオルを水で濡らし、水がポタポタ落ちない程度に絞る
  3. 絞ったタオルを広げたサランラップの上に置いてくるむ
  4. ラップにくるんだタオルを電子レンジで1分程加熱する
正しい毛抜きでの脱毛5STEP〜実践編〜
  1. 準備編で作った蒸しタオルを、毛抜きで脱毛する部分にあてて、しっかりと蒸らして毛穴を開く
  2. 抜きたい毛の周辺を毛抜きを持っている方と逆の手で抑える
  3. 毛の生えている方向をよく確認し、生えている方向に沿って、ゆっくり力を入れながら引っ張り
  4. 全ての処理が完了後、コットンを冷水に濡らし、処理した部分に徐々に充てながら毛穴を閉じる
  5. 刺激性の少ない保湿クリームか乳液などを最後につけて完了

 

出来るだけ上記の手順が望ましいのですが、腕のムダ毛処理などの場合、片方の手で毛の周辺を抑える事が出来なくなります。その場合は、他の部位よりも長めに蒸らして、ゆっくりと引っ張るようにするのがコツです。

 

上記の方法は一見面倒に思えますが、このやり方をするだけで、痛みと肌への負担が全く変わります。一度だけでも良いので、是非試してもらえると衝撃を受けるのではないかと思います。


毛抜き脱毛でやってはいけないNGポイント

さて、ここまで正しい毛抜きでの脱毛について説明させて頂きましたので、”やってはいけない事”はある程度想像がつくのではないでしょうか。

 

簡単には上記で説明した方法と、”逆の事はやってはいけない”事になります。念の為、下記に一覧でまとめておきますので、確認してみてください。

やってはいけない6つのNGポイントとその理由

チェックポイント毛穴を開かずに処理を開始する・・・(引き抜く時の負担が大きい)

チェックポイント毛抜きで勢いよくひっぱる・・・(出血や埋没毛の原因になる)

チェックポイント毛の流れに逆らって抜く・・・(途中でちぎれて埋没毛の原因になる)

チェックポイント風呂場で処理をする・・・(雑菌が入り易く、炎症を起こしやすい)

チェックポイント処理後冷やさない・・・(毛穴が開いたまま、ボツボツ鳥肌になる)

チェックポイント処理後ケアクリームを塗らない・・・(硬くて濃い毛が生える原因になる)

 

毛抜きやカミソリでのムダ毛処理に悩むあなたへ

「女性のワキ毛処理、知っておきたい5つのポイント?」がイメージ出来る画像04

 

最後に、やはり毛抜きやカミソリでの自己処理では限界があると言う事はあなたも感じているのではないでしょうか?特に”毛深い”、”毛の1本1本が濃い”などで悩む剛毛女子にとっては、「剃っても剃っても生えてくるし、抜いても抜いてもキリがない・・・」と、心のどこかで思っているはずです。

今後、肌を傷め続けるムダ毛処理から解放されるには?

将来的にムダ毛処理から解放される為にはやはり脱毛サロンや、医療レーザーでの永久脱毛がオススメです。その時に若干痛みがあったり、多少高額に感じる場合もありますが、それから数年、数十年はムダ毛処理から解放されるのです。

 

特に今現在は「ワキ脱毛が激安のサロン」も多数ありますし、「医療レーザー脱毛もワキはかなり安いクリニック」が登場しています。是非、この機会に前向きに検討してみてもいいのではないかと思います。

 

※ほとんどの剛毛女子はココから脱毛を始めています♪

⇒参考記事:「今、脇脱毛が安い!≪厳選した3つの激安脱毛サロン≫と安すぎる理由

 

※医療レーザー脱毛も驚く程安くなっていますよ♪

⇒参考記事:「脇脱毛が安い!激安の医療レーザー脱毛クリニックを厳選!≪最新版≫

 

お金がなくて脱毛にいけない!そんな悩みを持つ女性へ

ここまで認知度が高まり脱毛サロンへ通うのが一般的になってきても、未だに「お金がないから」と言う理由で脱毛未経験なまま日常生活を送っている女性が多い事は残念でありません。

 

今現在一番人気の「ミュゼプラチナム」なら、ワキ脱毛とVライン(ビキニライン)の脱毛は500円以下で何回でも受ける事が出来ますし(※2015年現在)、勧誘も全くなく、店舗数も全国にあるので、誰でも簡単に通えるはずです。「お金がない」と言っている剛毛女子はただ勇気がないだけです。とりあえず無料カウンセリングだけでも行ってみると気持ちも変わるかもしれませんよ!

 

※「ミュゼは予約がとりにくい!」は過去の話です。

⇒参考記事:「ミュゼの予約は本当にとれないのか検証【※とりやすい方法&コツ!】

未成年にオススメの激安脱毛サロンは?

未成年はお金が用意出来ても、親の同意書が必要になるので少しハードルが高いと感じている女性も多いのではないでしょうか?しかし、「エピレ」や「キレイモ」、「脱毛ラボ」などの脱毛サロンならそんな心配も要りません。この3つのサロンは、安いだけでなく、WEB上から親の同意書をダウンロード出来てしまいます。大抵は【無料カウンセリングはコチラ】と言うボタンをクリックして進むと、【未成年の方はこちら】などのボタンがあり、そこから同意書をダウンロードできるのでカウンセリングにも容易に行けてしまいます。

 

 

今まで何も考えずに毛抜きやカミソリで自己処理をしてきたかもしれません。しかしその方法では必ずと言って良い程将来肌が汚くなります。今回説明した毛抜き脱毛の方法は少し面倒に感じるかもしれませんが、せめて脱毛に通い出すまでは実践し、それ以上肌が汚くならない様にしてくださいね。

 

特に剛毛であれば、間違ったムダ毛処理は後々取り返しがつかない事になる場合もあるので、充分に注意して、脇からでも脱毛通いを始められる事をオススメします!

 

※自分で毛深いと思うならこちらもチェック!

⇒参考記事:「剛毛女性なら絶対に知っておくべき脱毛の知識と効果について!

⇒参考記事:「毛深い悩みを持つ女性の為の脱毛情報!【※原因や遺伝との関係は?】

※ワキからでも真剣に脱毛を考えるならこちらもチェック!

⇒参考記事:「脇脱毛の正しい知識や最新情報!


【脱毛未経験者】なら要チェック!

関連ページ

剛毛でもエステ脱毛は効果ある?
剛毛で悩む人が実際に体験した医療脱毛や脱毛サロンでのムダ毛処理について、最新の情報をお届けしています。2017年現在のムダ毛処理状況や、これからあなたが始めるべき脱毛について、この記事を読めばすぐに理解出来るはずです。
医療脱毛がオススメな10の理由
毛深くて悩む剛毛女子にとって、将来的にツルスベ肌を手に入れたいなら避けては通れない医療レーザー脱毛。最新の医療脱毛事情や料金、その効果についてを知る事で、これからあなたがするべきムダ毛処理の方法が分かります♪
ミュゼは剛毛でも効果ある?
脱毛サロンで人気No,1のミュゼプラチナムですが、剛毛女子にも効果があるのかどうかを調査しました。ミュゼで脱毛すべき理由と、行かない方が良い理由とは?
毛の自己処理のリスクと28のコツ
毛深い、毛が濃い事でお悩みの剛毛女子なら知っておきたい毛の処理についてのリスクや正しい処理方法のコツやポイントなどを分かりやすくご紹介しています。
肌が弱い剛毛女子の脱毛法は?
毛深くて悩む剛毛女子の中でも、特に肌が弱い人は自己処理の苦労も人一倍・・・。そんな肌が弱くて毛深い人に向けて、オススメの脱毛方法や、正しいムダ毛処理に関する知識をお伝えしていきます。
濃い下の毛の処理方法と手入れ
下の毛が濃い剛毛女性の悩みとして多い、「処理すべきか?」、「男性からはどう思われているか?」など調査した結果を報告!更に下の毛が濃いと悩む女性に役立つ正しい処理方法や、痒みを出さない為の処理の仕方など、役立つ情報を提供していきます。
濃い襟足の処理方法と脱毛
「襟足(えりあし)や項(うなじ)の毛が濃くて処理に困っている・・・」そんな女性が多いようです。そこで当記事では、うなじが毛深い剛毛女子に向けて、襟足処理の方法や脱毛についての最新情報をまとめております。是非参考にしてくださいね。